Steam版『Apex Legends』シーズン7の開幕にあわせて正式サービスが開始。クロスプラットフォームやOrigin版とのアカウント連携に対応

 エレクトロニック・アーツ(EA)は、日本時間11月5日(木)の13時ごろ、Steam版『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』正式サービスを開始した。本作はすでにPlayStation 4、Xbox One、PC(Origin)で配信されており、今回新たにPC版の配信プラットフォームへSteamが加わったかたちだ。

 Origin版とSteam版はゲームアカウントを連携可能で、Origin版のプレイデータやアンロック済みのキャラクターなどをそのままSteam版へ引き継いでプレイできる

 『Apex Legends』は、アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルスを拠点に置くRespawn Entertainmentが開発する作品である。同社が手がけた一人称視点シューティング(FPS)ゲーム『Titanfall(タイタンフォール)』シリーズのスピンオフにあたる。本作はリリース後1ヶ月で総プレイヤー数5000万人突破の記録をはじめ、元軍人のおじいちゃんゲーマー“きんいろモザンビーク”が大量出現するイベントなど、さまざまな話題を生みだしてきた。

 10月6日のアップデートでは、異なるプラットフォームのプレイヤーが一緒に遊べるクロスプラットフォーム機能もベータ版として実装されており、今回サービスが開始されたSteam版も本機能へ対応している。今後の予定についてはPlayStation 5版とXbox Series X│S版への後方互換機能にも対応するほか、リリースは延期されているものの、Nintendo Switch版の開発も鋭意進行中のようだ。

 日本時間11月5日(木)に開幕したシーズン7では、新キャラクターの「ホライゾン」新マップ「オリンパス」が実装された。このほか、本作では初となる操縦可能な乗り物「トライデント」や、チームメイトにふさわしいプレイヤー仲間を探すための「クラブ」機能などの新要素も追加されている。

 なお、Steam版のプレイヤーには、運営元であるValveが開発した『Portal』などの作品とコラボした3つのガンチャーム(銃用アクセサリー)がプレゼントされる。

 Origin版のプレイヤーは、アカウントをぜひ一度連携させて、Steam版でのプレイで限定のガンチャームを手に入れてみてほしい。

(画像は『Apex Legends』公式サイト「アセンションパッチノート」より)

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧