和風アクションRPG『天穂のサクナヒメ』Steam版が配信開始。爽快なコンボアクションと忠実に再現された米づくりシミュレーションを楽しめる

 Marvelous USAの子会社にあたるパブリッシャー(販売元)のXSEED Gamesは、Steam版『天穂のサクナヒメ』の配信を11月11日(水)深夜に開始した。価格はいずれも税込で、通常版5478円、全42曲のサウンドトラックとアートブックが付属するデジタルデラックス版は8100円。

 なお、Nintendo Switch版およびPlayStation 4版については11月12日(木)に発売される予定で、執筆時点の両ストアぺージは予約購入受付の状態となっている。

2020年7月に公開されたNintendo Switch/PlayStation 4版のプロモーション映像第3弾

 『天穂のサクナヒメ』は、同人ゲームサークル「えーでるわいす」が開発する和風アクションRPGである。本作では鬼が支配する「ヒノエ島」を舞台に、武神の父と豊穣神の母を親に持つ神族「サクナ」が、ある失態をおかしたことから罰として島の調査を命じられる。鬼と闘う爽快なコンボアクションの要素と、日本古来の米づくりを深く再現した農業シミュレーションの要素を楽しめる作品だ。

 アクションパートでは農具を武器として繰り出す技や、伸縮可能な羽衣を駆使した移動を組み合わせて、横スクロール画面のステージを進んでいく。もう一方の米づくりパートでは、石を取りのぞく「田起こし」から最終工程の「籾摺り(もみずり)」までの各工程を忠実に表現している。収穫した米の品質や量に応じて「サクナ」はどんどんと強くなるため、非常に重要な要素だ。

(画像はSteam『天穂のサクナヒメ』より)
(画像はSteam『天穂のサクナヒメ』より)
(画像はSteam『天穂のサクナヒメ』より)

 『天穂のサクナヒメ』公式サイトでは、攻略に役立つ豆知識を含むさまざまな情報が掲載されているので、ひととおり目を通しておくとよいだろう。また、プログラムを手がけたえーでるわいす代表のなる氏によれば、本作のプレイ動画や配信の公開については制限がないことをマーベラス側へ確認済みのようだ。

 このほか、株式会社神明の特設ページでは、えーでるわいすのなる氏とこいち氏、実際の米農家である中森剛志氏、米卸問屋である神明社員2名による特別対談も公開されている。興味があればあわせてチェックしてみてほしい。

 余談だが、本作は“ローグライク”に近い語感の良さから“農具(ノーグ)ライク”と呼ばれているが、ローグライクの要素は含まれていない。いわゆる「高難度ゲーム」の類ではないので、安心してほしい。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧