『スーパーマリオブラザーズ3』海外版の未開封品が約1600万円で落札。1本のゲームソフトに支払われた額としては過去最高額

 オークションハウスのヘリテージオークションは「2020 November 19 – 22 Comics & Comic Art Signature Auction」を開催した。そこで1988年に任天堂がファミリーコンピュータ向けに発売した『スーパーマリオブラザーズ3』の未開封品が、15万6000ドル(約1600万円)で落札された。1本のゲームソフトに支払われた額としては過去最高額となった。

(画像はSuper Mario Bros. 3 – Wata 9.2 A+ Sealed [“Bros.” Left, First | Lot #93032 | Heritage Auctionsより)

 2020年7月には『スーパーマリオブラザーズ』が11万4000ドル(約1200万円)で落札されたことも記憶に新しいが、1年もしないうちにさらに高額な落札が発生した。

 今回なぜここまでの高額な値段になったのかヘリテージオークションによると、この『スーパーマリオブラザーズ3』はオークションで競売に掛けられるビデオゲームを鑑定するWata Gamesの評価で9.2 A+を獲得したこと。またパッケージのレイアウト自体に特異性があることと説明している。

 今回落札されたソフトは、パッケージ上に書かれた「BROS.」の文字が左にあり、マリオの右手とかぶっている。このパッケージは初期に北米で発売されたものでそもそも希少性がある。そこに未開封の美品とだったので値段が跳ね上がり、この値段となったようだ。通常はマリオの帽子の上に「BROS.」がくる。

(画像はSuper Mario Bros. 3 – Wata 9.2 A+ Sealed [“Bros.” Left, First | Lot #93032 | Heritage Auctionsより)
(画像はSuper Mario Bros. 3 – Wata 9.2 A+ Sealed [“Bros.” Left, First | Lot #93032 | Heritage Auctionsより)

 また初期バージョンの未開封『スーパーマリオブラザーズ3』はかなり珍しいので調査として、2020年7月にもWata 9.0 Aの未開封品が出品されていた。その際の落札額は3万8400ドル(約400万円)だったとのこと。

 『スーパーマリオブラザーズ3』当時の販売価格は49.99ドル(約5200円)なので3000倍以上となったようだ。お宝が眠っているかも知れないので、物置きの中を調べてみるのもいいかも知れない。

ライター
園児時代に押入れにあった神トラとFF4を遊んだことがきっかけでゲームにハマる。主にアクションゲーム、アドベンチャーゲーム、デジタルカードゲームを遊び、気に入ったゲームはトロコンまで遊ぶ派。思い出のゲームは『ロックマンエグゼシリーズ』『ぼくのなつやすみ2』『銃声とダイヤモンド』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ