NINTENDO64のコントローラーふたつを合体させた奇妙なコントローラーが発見される。スティック2本で『ゴールデンアイ 007』をプレイする、現代的なFPSに早変わり

 YouTubeチャンネル「Stop Skeletons From Fighting」は、NINTENDO64のコントローラーふたつを合体させた奇妙な改造コントローラーを発見したことを報告する動画を公開した。海外メディアGames Raderが報じている

 このニコイチコントローラーは、「Frankenstein Dual Analog N64 Controller」(以下、フランケンシュタインコントローラー)として15ドルで販売されていた。コントローラー本体からはケーブルが2本伸びており、本体はこれをふたつのコントローラーとして認識するようになっている。

 このコントローラーは『ゴールデンアイ 007』『パーフェクトダーク』『Robotron 64』『罪と罰 〜地球の継承者〜』『スター・ウォーズ エピソード1 レーサー』を楽しむためだけに設計されているという。

(画像はYouTubeより)

 動画でもっとも尺をとって説明されているのが、このコントローラーで『ゴールデンアイ 007』を遊ぶことだ。本作にはコントローラーひとつで遊ぶだけでなく、ふたつで遊ぶオプションが用意されている。通常はスティック1本で操作するゲームだが、ふたつのコントローラーを使うことで、移動と視点操作を2本のスティックで行う現代的なコントロールが可能となる。

 ゲームの説明書には「真のプロフェッショナル向け」と説明されている。AとBボタンを押すのにちょっと無理があるように見えるが、確かに現代的なコントロールに見える。

(画像はYouTubeより)

 『ゴールデンアイ 007』がリリースされたのは1997年。当時FPSの主戦場だったPCでもフル3DのFPSすら珍しい時代、スティック2本で遊ぶコンソールFPSというのは画期的な発明だったはずだ。現在のスタンダードがすでにこの時にほぼ実現していたのは、レアの慧眼を示す証左といえるだろう。

 ただでさえ大きめだったNINTENDO64コントローラーをふたつ組み合わせたことで、フランケンシュタインコントローラーはかなりの存在感を放つこととなった。『ゴールデンアイ 007』は歴史的名作とはいえ、今やるには古い点が目立つのも確かだ。このコントローラーを使えば、今のコンソールFPSに近い操作感で遊べるだろう。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ