ソニー、PlayStationのファーストパーティ製タイトルを今後もPCで販売へ。今春にはPS4向けサバイバルゲーム『Days Gone』が移植予定

 PlayStation向けのファーストパーティタイトルが、今後もPC向けに移植されていく予定であることが明らかとなった。ソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下、SIE) の社長兼CEOジム・ライアン氏が、海外メディアGQ Magazineのインタビューにて伝えている。

 次なる移植作品は、アメリカオレゴン州に拠点を置くBend Studioが開発したゾンビサバイバルゲーム『Days Gone』が予定されており、今春にリリース予定だという。ライアン氏のインタビューが公開されたのち、同社の公式Twitterアカウントも同作の移植を正式に発表している。

 『Days Gone』は2019年にPlayStation 4向けに発売されたオープンワールドゾンビサバイバルゲーム。パンデミックにより発生した感染者(ゾンビ)の大発生により、人間社会が崩壊。主人公ディーコンは極限状況の中、バイクに乗って崩壊した社会を旅することになる。

※2019年1月に公開されたPS4版『Days Gone』の発売トレイラー

 SIEは2020年8月にPC版『Horizon Zero Dawn Complete Edition』をリリースしたあと、ファーストパーティタイトルのPC移植にも注力することを同月に企業リポートで発表。ファーストパーティータイトルのIP展開でさらなる収益を確保することを明らかにしていた。

 PC版『Horizon Zero Dawn Complete Edition』は、最適化不足により発売後にパッチを何度もリリースすることとなったが、Steamの非公式統計サイトSteamSpyによると、Steamでの販売本数は記事執筆時点で100万本から200万本と記録されている。また、別の非公式統計サイトSteamDBによれば、プレイヤーの同時接続数は最大で約5万人だという。

 SteamSpyの数値は、あくまで公開アカウントの統計を取ったものではあるが、セールスはSIEが十分に満足できるレベルのものであったと推測できる。

(画像は『Days Gone』公式サイトより)
(画像は『Days Gone』公式サイトより)
(画像は『Days Gone』公式サイトより)
(画像は『Days Gone』公式サイトより)

 なお昨年8月に公開した企業リポートにてソニーは、PlayStationのゲームをPC向けに展開しつつも、PlayStation 5に関しては「次世代機にふさわしい、エクスクルーシブなゲーム体験」を提供するとコメント。PlayStation 5のタイトルもPC向けに移植されるかどうかは、明言されていない状況となっている。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ