『原神』のスマホ版が約942億円を売り上げたとの市場調査データが公表。世界でもっとも収益を挙げたモバイルゲーム3位に

 市場調査会社センサータワーは、中国のゲーム開発会社miHoYoの開発するオープンワールドアクションゲーム『原神』のモバイル版が発売から8億7400万ドル(約942億円)の収益を得ているとの調査結果を公表した。

 センサータワーの調査データによれば、『原神』は世界で3番目に高い収益を上げているモバイルゲームになるという。1位はテンセントゲームズの『王者榮耀(Honor of Kings)』、2位は同じくテンセントゲームズの『PUBG Mobile』、4位はNianticの『Pokémon GO』となっている。

(画像はセンサータワーより)

 『原神』は2020年9月にPlayStation 4、PC、スマートフォンでリリースされたタイトル。アートスタイルやゲームプレイで『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の影響を強く受けており、そこに『崩壊3rd』の開発会社らしいハイテンポなアクションや協力プレイを組み合わせている。炎、水、風、雷、草、氷、岩の属性を示す「元素」と呼ばれるシステムは、戦闘で敵に大ダメージを与えたりマップのギミックを解くのに使ったりと、ゲームプレイやストーリーに強く関わっている。

 発売直後から高い人気を誇り、前述のとおり2020年9月末のリリースから約5か月で約942億円の収益を得た。単純計算すると、1か月で平均190億円の収益だ。国別の収入は中国が1位の29%、日本が21%、アメリカが18%となっている。機種別では、iOSが全体の60%、Google Playは残りの40%を占めているという。

(画像は『原神』公式サイトより)

 この数値はセンサータワーの調査によるものでmiHoYoからの正式発表ではないが、昨年10月の時点で発売から2週間足らずで1億ドルの収益を挙げたことが公表されており、うなずける数値となっている。またセンサータワーの調査はあくまでモバイルプラットフォームでの『原神』の売り上げで、コンソールやPCも合算すればさらに高い数値となっているだろう。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ