シベリアに住むゲーム開発者が作るかわいらしくも不穏なアクションアドベンチャー『Mallory and the Marble Sanctum』(マロリーと大理石の聖域)配信開始

 ロシアはイルクーツクに住むゲーム開発者のイワン・コロシェフ氏は、アクションアドベンチャー
『Mallory and the Marble Sanctum』(マロリーと大理石の聖域)Itch.ioにて配信開始した。海外メディアAlpha Beta Gamerが報じている

 64bit Windowsのみ対応。また、英語とロシア語のみで日本語には未対応。ストーリーリッチなゲームのため、比較的英文の量が多い。ただし、アクションしながら英文まで読むようなことはないので、辞書を引きながらプレイすることは可能だ。

 『Mallory and the Marble Sanctum』は、コロシェフ氏が現在製作中の『Mallory』のプレアルファ体験版という位置づけになっている。ゲームは美しいがどこか不穏な空気のある白亜の聖域と、ミニチュア然とした段ボールでできた自宅のふたつのパートが登場する。

 聖域ではいくつかのパズルやプラットフォームアクションを乗り越え、聖域に隠された印を集める。かわいい見た目ではあるが、アクションの難度は意外と高め。随所に主人公のふだんの生活が見えるイベントが用意されており、彼の苦しみの一端をかいま見られる。
 パズルの方は一部解き方がわかりにくい部分はあるが、アクションに比べると簡単という案配だ。どうしても解けない場合は、いちど戻って別の通路を進んでみるのがいいだろう。

(画像はItch.io『Mallory and the Marble Sanctum』より)
(画像はItch.io『Mallory and the Marble Sanctum』より)

 ミニチュアのような家でのゲームプレイは、パズルとポイントアンドクリックアドベンチャーを組み合わせている。気になる場所を調べ、用意されたパズルを解くことが目的だ。家で本を読むことを好む落ち着いた性格の主人公だが、ここでの目的は鍵を見つけて外に出ること。
 なぜ自宅から外に出るのに鍵を開ける必要があるのか、一緒にいるネコとの関係など今後の展開を想像させるパートだ。

 ゲームの特徴は、やはり人目を引くグラフィックだろう。モノトーンで彩度を抑えた落ち着いた雰囲気は、ざらざらとしたフィルターエフェクトを通して不穏な雰囲気を醸し出している。音声はないものの、フォントによる演出も良い味を出している。

(画像はItch.io『Mallory and the Marble Sanctum』より)
(画像はItch.io『Mallory and the Marble Sanctum』より)

 『Mallory and the Marble Sanctum』は、Itch.ioにて無料で配信中。興味があるという方は、ぜひプレイしてみてほしい。なお、Oculus Riftを接続しているとゲームの起動に問題が生じる場合があるようだ。タスクマネージャーの詳細からOculus関連のサービスを停止させるときちんと起動する。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ