死に神のカラスが盗まれた魂を追って奇妙な世界を冒険するアクションRPG『Death’s Door』発表。高難度アクション『Titan Souls』の開発会社の新作

 パブリッシャー(販売元)のDevolver Digitalは、イギリスに拠点を置くふたりのゲーム開発者の会社Acid Nerveが開発するアクションRPG『Death’s Door』を発表した。対応プラットフォームはXbox X|S、Xbox One(Windows Store)、PC(Steam)。日本語にも対応し、2021年夏発売予定だ。

 『Death’s Door』は、サラリーマン風に仕事をこなす死に神のカラスが自身が担当する魂を盗まれることから自身の仕事や世界の秘密の闇へと足を踏み入れるアクションRPG。欲と権力にまみれた死が触れぬ領域に必死に逃げる泥棒を見つけ出し、自分の仕事を完遂しなければならない。

 カラスが冒険する領域には、さまざまなおぞましいビーストや半神半人のデミゴッドが待ち構えている。近接武器、弓矢、魔法を駆使し、激しい戦いを生き抜こう。手にしたさまざまな能力やアップグレードでキャラクターをカスタマイズし、さらなる深淵を目指す。領域には敵対者以外にもそこで暮らす奇妙な住人たちとも出会う。ひねくれて奇妙な彼らとの交流を通じて希望を届け、陰気ながらもコミカルな世界に触れよう。

(画像はSteam『Death’s Door』より)
(画像はSteam『Death’s Door』より)
(画像はSteam『Death’s Door』より)

 ゲームを開発するAcid Nerveは、たった一本の矢で巨人と戦う高難度アクション『Titan Souls』を開発したことで有名だ。美しい2Dアートと高い難度で有名な本作は、Steamでも高い評価を受けている。『Death’s Door』がどれほどの難度になるかは不明だが、やりがいのあるゲームになることが期待できる。奇妙で歯ごたえのあるアクションが楽しめそうな『Death’s Door』は2021年夏発売予定だ。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ