現実、記憶、夢の3つの世界を行き来しながら謎を解くテク・ノワール系一人称視点ミステリーアドベンチャー『The Signifier: Director’s Cut』のコンソール版が2021年内発売

 パブリッシャーのRaw Furyは、2020年10月にPC向けに発売された一人称視点アドベンチャーゲーム『The Signifier』を、『The Signifier: Director’s Cut』としてPlayStation 4、PlayStation 5、Xbox Series X|S、XboxOneで2021年内にリリースすると発表した。

 『The Signifier』はAIや調査、実験心理学が織り交ぜられたテク・ノワール系ミステリーアドベンチャーだ。プレイヤーの分身となるのは、AIと心理学の専門家であるフレデリック・ラッセル。彼は記録された感覚と頭の中にある無意識領域を調査を可能とする技術、「実験的脳深部スキャナー」の主要研究者。この研究の成果を使って、世界最大のテクノロジー企業の副社長の殺人事件を調査することになる。しかし、調査を進める中で巨大な陰謀に巻き込まれていく。

 プレイヤーは現実と客観的な記憶の世界、そして主観的な夢の世界の3つを行き来しながら、この殺人事件と陰謀の謎を追うことになる。一人称視点アドベンチャーだが、プレイヤーを突然驚かせるジャンプスケアはない。現実と奇妙な世界を行き来して謎を解こう。

 2020年12月、開発者であるデイビッド氏がゲームには誇りを持っているが、カットしたコンテンツや不足していた描写、そしてその過程で失われた詳細があったことを明かした。そうしたコンテンツを追加し、発売後に受けたフィードバックを元に完全版製作の決意をSteamなどで表明していた。

 『The Signifier: Director’s Cut』ではアニメーションやグラフィックのアップグレードのほか、新しい記憶、ダイアログ、そしてエンディングを追加する。プレスリリースによると、キャラクターへの深い洞察を与えるエピローグ、読み込み時間やフレームレートの改善、4K対応、そして新たな難度の追加なども予定されている。

(画像はSteam 『The Signifier』より)
(画像はSteam 『The Signifier』より)
(画像はSteam 『The Signifier』より)
(画像はSteam 『The Signifier』より)

 なおSteamとGOG、Humble Storeで販売されたオリジナルの『The Signifier』に向けては、現地時間4月22日に無料でディレクターズカット版のアップデートが配信される。

 先行して販売されているPC版は日本語には未対応、コンソール版も日本での発売は未定となっているが、現実、記憶、夢の3つの世界を行き来しながら謎を解く『The Signifier: Director’s Cut』は非常に興味深いタイトルとなっている。PCとMac版は現地時間4月22日にリリース、コンソール版は2021年内に発売予定だ。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ