ソニー、「Discord」との新パートナーシップ契約を発表。2022年初頭にもコンソールとモバイルのPSN上でサービスを展開へ

 ソニーは、コミュニケーションサービス「Discord」と新たなパートナーシップを結んだことをSIE.Blogにて発表した。

 2022年初頭にもコンソールとモバイルのPSN上でDiscordを提供することを目指し、すでに取り組みを始めているという。また、SIEがDiscordへとシリーズHのラウンドの少額投資をしたことも明らかにされている。

(画像はSIE.Blog | Announcing PlayStation’s new Partnership with Discord(英語)より)

 Discordは2015年からスタートした基本無料のコミュニケーションサービスで、「サーバー」単位でのコミュニティ管理や低遅延および高品質な通信が特徴。サービスはPCやモバイル向けにしか提供されていないが、2020年12月時点で月間アクティブユーザー数が1億4000万人を突破するなど、ここ数年間にわたりゲームコミュニティの定番の交流ツールとして急速な成長を遂げていった。

 ビジネスモデルに関しては、さまざまな特典を付与する有料の「Nitro」サービス以外には、2018年にゲーム販売のサービスを開始するも1年ほどで終了するといった動きを見せていた。昨年末には1億4000万ドルの資金調達に成功。また今年3月にはMicrosoftがDiscordを買収しようとしているとのニュースを業界メディアVentureBeatなどが独自の情報筋で報じ、その後は破談になったと伝えられるなど、動向に注目が集まっていた。

 簡単なアカウント連携機能を除けば、これまでDiscordはPlayStationやXbox、Nintendo Switch上で使用することができなかった。現時点でDiscordがどのようにPSNに統合され、どういったサービスが提供されるのかは明らかにされていないが、単純に「PlayStationでゲームをプレイしながらDiscordを通じてボイスチャットができる」という機能が追加されるだけでも喜ぶゲーマーは多いだろう。
 もちろん、PlayStation側にとっても、Discordの分厚いユーザーベースをPSNへと繋ぐことができるのは、大きな利点となるはずだ。今後の続報に注目したい。

文/ishigenn

編集
ニュースから企画まで幅広く執筆予定の編集部デスク。ペーペーのフリーライター時代からゲーム情報サイト「AUTOMATON」の二代目編集長を経て電ファミニコゲーマーにたどり着く。「インディーとか洋ゲーばっかりやってるんでしょ?」とよく言われるが、和ゲーもソシャゲもレトロも楽しくたしなむ雑食派。
Twitter:@ishigenn
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ