「世界一売れなかった次世代ゲーム機」の大失敗を講談調に振り返る『神田伯山のこれがわが社の黒歴史』がNHKで再放送。270億円の損失を出した夢の次世代マルチメディア機を振り返る

 本日5月4日18時5分から、NHK総合チャンネルにて「ピピンアットマーク」を特集した番組『神田伯山のこれがわが社の黒歴史』が再放送される。

 PlayStationやセガサターンがしのぎを削る1990年代半ばのビデオゲーム業界に、バンダイが「夢の次世代マルチメディア機」をひっさげて270億円の損失を出した失敗談を、講談師の神田伯山氏が講談調に語る内容だ。

 「ピピンアットマーク」は1996年にバンダイがアップルと組んでリリースしたゲームコンソール。「世界一売れなかった次世代ゲーム機」として知られており、番組では、徹底取材により明らかになった失敗の本質をも浮き彫りにしていく。

 失敗する道程を描く再現VTRは、バンダイの主力商品のひとつ、ガンプラが演じる。今話題のコマ撮りを駆使し、ドムやザクツー、はてはボールが楽しく失敗に至るまでの道を教えてくれる。

 2021年現在、バンダイの業績は非常に好調。だからこそ過去の失敗も「成功につながるチャレンジの一例」として教訓を導くことができる。「大事なのは、失敗をネタにして笑うのではなく、その背後に隠されているチャレンジ精神を浮き彫りにすることです」と、プロデューサーは番組の裏テーマを明かした。

 神田伯山氏も、「失敗からどうやって立ち上がったのか、巻き返しの物語こそ見てほしい」と、失敗以上に挑戦の物語として見てほしいと語っている。痛快な逆転劇があったからこそ、過去の手痛い失敗を講談として取り上げられるのだ。

(画像はNHK「神田伯山のこれがわが社の黒歴史」公式サイトより)
(画像はNHK「神田伯山のこれがわが社の黒歴史」公式サイトより)
(画像はNHK「神田伯山のこれがわが社の黒歴史」公式サイトより)

 ピピンアットマークの大失敗から、成功への挑戦を振り返る『神田伯山のこれがわが社の黒歴史』は、本日5月4日18時5分より再放送だ。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ