ふにゃふにゃアクション『ヒューマン フォール フラット』の5周年を記念したマップデザインコンテスト開催中。文章、絵、粘土細工、ケーキ、どんな表現でデザインしてもOK

 パブリッシャーのCurve Digitalは、No Brakes Gamesの開発するふにゃふにゃアクション『ヒューマン フォール フラット』の5周年を記念したマップデザインコンテストを開催中だ。

 この大会の少し変わっている点は、必ずしも3Dモデルを作ってゲームとして遊べるマップを作る必要がないところだ。文章による説明や絵を描くだけでなく、粘土やブロックでジオラマを作ったり、ケーキを焼いたりして表現してもいいとしている。想像力が許す限り、作品の形式に指定はない。

 優勝者のアイデアは開発者が責任を持ってゲームとして実装。さらにSteelSeriesのヘッドホンとマウスパッドがプレゼントされる。次点のふたりにはSteelSeriesからマウスパッドが送られる。

 『ヒューマン フォール フラット』は物理エンジンに制御されたふにゃふにゃ人間を操り、さまざまなアトラクションをクリアするアクションゲームだ。ひとりでも遊べるが、ほかのプレーヤーとふにゃふにゃ協力プレイも可能。ひとりでは難しい困難もふたりなら乗り越えられることもある。

 2016年にリリースされてから5年、延べプレイヤー総数は2500万人にもなった。はじめは9つだったステージはさらに7つ増え、最大8人まで参加できる協力プレイも実装。これまでに有料DLCはリリースしておらず(サウンドトラックは発売済み)、ベースゲームを買えば誰もがすべてのコンテンツにアクセスできる。

 2021年はXbox Series X|SとPlayStation 5へのリリースやアップグレードもされ、今後も新しいステージの追加や今回行われるデザイン大会のようなイベントも予定されている。

(画像はSteam『ヒューマン フォール フラット』より)
(画像はSteam『ヒューマン フォール フラット』より)
(画像はSteam『ヒューマン フォール フラット』より)

 『ヒューマン フォール フラット』マップデザインコンテストへの応募方法は、募集サイトにアクセスし、Twitterの公式アカウントをフォロー。公式Facebookアカウントに訪問し、自分の作ったアイデアをアップロードするだけだ。応募期間は日本時間8月13日(金) 午前7時まで。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧