リマスター版『Alan Wake』の発売日が10月5日に決定。小説家が懐中電灯で闇の脅威と戦うサイコスリラーが10年の時を経て蘇る

 Remedy Entertainmentは9月10日(金)、配信イベント 「PlayStation Showcase 2021」 にて、同名タイトルのリマスター版となる『Alan Wake Remastered』の発売日が10月5日(火)に決定したと発表。あわせてPS版の最新映像を公開した。

 

 『Alan Wake』は、2010年にXbox 360向けに発売されたサイコスリラーアクションゲーム。プレイヤーはスランプに悩むサスペンス小説家の「アラン・ウェイク」となり、休養を目的に妻と訪れた田舎町・ブライトフォールズの地で、迫りくる闇の脅威と戦いながら失踪した妻を捜索する。

 敵に懐中電灯の光を当てて撃退する戦闘システムやスティーヴン・キング作品を彷彿とさせる超自然的なストーリー、海外ドラマのような場面演出などが特徴の本作は、2012年にはSteam版も発売された

リマスター版『Alan Wake』の発売日が10月5日に決定。小説家が懐中電灯で闇の脅威と戦うサイコスリラーが10年の時を経て蘇る_001
(画像はYouTubeより)
リマスター版『Alan Wake』の発売日が10月5日に決定。小説家が懐中電灯で闇の脅威と戦うサイコスリラーが10年の時を経て蘇る_002
(画像はYouTubeより)
リマスター版『Alan Wake』の発売日が10月5日に決定。小説家が懐中電灯で闇の脅威と戦うサイコスリラーが10年の時を経て蘇る_003
(画像はYouTubeより)

 今回のPS版へのリマスター化に際しては、PS5では4Kの解像度および60fpsでのプレイに対応。PS4 Proではパフォーマンスを優先した60fpsモードと画質に特化した4K30fpsモードを切り替えることができ、PS4では30fps固定での動作となる。さらに、アダプティブトリガー機能も搭載され、使用する武器ごとに異なる感触の反応を体験できるという。

 DLCとしてリリースされた「The Signal」「The Writer」の2作の追加チャプターも収録する『Alan Wake Remastered』は、PS5、PS4に向けて10月5日に発売を予定。販売価格は3080円(税込)となっており、すでにストアページでの事前予約も受け付けている。また本リマスター版は、Xbox Series X|S、Xbox One、PC(Epic Games Store)でも同日に発売予定だ。

ライター
フリーランスの翻訳者を経て、2021年より編集アシスタントとして加入。京都の町屋で猫と暮らす。
Twitter:@dashimaruJP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon売上ランキング

集計期間:2023年2月9日18時~2023年2月9日19時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ