レトロな質感が魅力的な北海道のパズルが「ムズすぎる」と話題に。47都道府県や様々な市町村区、国の細密な地図パズルがオーダーメイドで販売中

 9月19日に、北海道の地図がパズルとなり、市町村がピースになったパズルの画像が「難解すぎる」というコメントと共にTwitterに投稿され、話題となった。

  ツイートされたレトロな質感で複雑な造形の木製パズルは、地図パズル作家の小栗信太郎氏が運営する地図パズル店「古社工芸」が手掛けたもの。

 「古社工芸」では47都道府県を中心に、市町村区や様々な国のパズルがオーダーメイドで制作されており、任意の地図を特注で制作してもらうことも可能だという。

(画像は北海道パズル | ハンドメイドマーケット minneより)

 「古社工芸」のウェブサイトには、話題になった「北海道パズル」を含む47都道府県のパズルや、大宝元年や戦国・江戸時代など時代が異なる日本地図のパズル、様々な市町村区や国のパズルが多数販売されており、作品のレパートリーや造形の細密さからは小栗信太郎氏のこだわりが伺えるだろう。

 作品は埼玉県の川口市にある実店舗と、ハンドメイド作品の販売と購入を行えるサービスのminneにてオンラインで販売されている。

 興味がある人は、古社工芸のウェブサイトや作品の紹介をしている古社工芸のTwitterをチェックすると良いだろう。

(画像は戦国・江戸時代日本パズル | ハンドメイドマーケット minneより)
(画像は東京都パズル(田無・保谷市希望の方はコメントください) | ハンドメイドマーケット minneより)
(画像は福島県いわき市パズル | ハンドメイドマーケット minneより)
(画像は沖縄県宮古島市パズル | ハンドメイドマーケット minneより)
(画像はナウル共和国パズル(ナウル語か日本語かはコメント下さい) | ハンドメイドマーケット minneより)
(画像は三国志郡国地図パズル(220年代) | ハンドメイドマーケット minneより)

ライター
ゲームアートやインディーゲームの関心を経て、ニュースを中心にライターをしています。こっそり音楽も作っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ