『グランツーリスモ7』パッケージ版の予約受付が本日より開始。シリーズ25周年を記念した豪華特典版も登場

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントはドライビングシミュレーター『グランツーリスモ7』パッケージ版の予約受付を本日から開始することを発表した。

 『グランツーリスモ7』は、1997年に発売された第1作『グランツーリスモ』から25周年となる2022年に発売が予定されているドライビングシミュレーター。過去150年にわたる自動車とレースの文化を伝えることを目標としてデザインされているとのことだ。

 シリーズ伝統の「GTモード」「キャンペーンモード」として復活。GTワールドのマップを舞台に、車両を購入し、チューニングを整え、レースを攻略しながらシングルキャンペーンを楽しむことができる。

(画像はPlayStation『グランツーリスモ7』公式ページより)

 ゲーム本編には420種類以上の車種が収録され、90種類以上のコースとレイアウトが用意される。膨大な量の気象観測データを用いることによって、より自然でリアルになった時間と天候の変化がサーキットに反映されるようだ。

(画像はPlayStation『グランツーリスモ7』公式ページより)

 愛車を世界中のロケーションで写真におさめられる「スケープス」も続投。43か国2500ロケーションを超える撮影スポットで存分に写真撮影を楽しめる。

(画像は『グランツーリスモ7』公式サイトより)

 PS5版ではDualSenseワイヤレスコントローラーの機能にも対応。アダプティブトリガーを使ってタイヤの回転による振動や、車ごとに異なるブレーキの抵抗を感じ取れる。さらに、コントローラーの新たな振動機能ハプティックフィードバックによって、路面の細かな隆起の感触までもが感じられるとのことだ。

 本作はPS4、PS5向けに、2022年3月4日(金)発売予定。パッケージ版、ダウンロード版ともに通常版のほかに、ゲーム内クレジットやサウンドトラックなどが含まれる「25周年アニバーサリーエディション」が発売される。
 また、パッケージ版では早期購入限定、ダウンロード版では予約購入限定で、ゲーム内クレジットと3車種を入手できるカーパックが特典として付随する。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ