ラジオ番組『アフター6ジャンクション』に鳥嶋和彦氏のゲスト出演が決定。11月18日の放送で『クロノ・トリガー』と『Vジャンプ』が築いた時代を語る

 TBSラジオによるカルチャー情報番組『アフター6ジャンクション』にて、11月18日(木)に特集「クロノ・トリガーとVジャンプの時代」を放送する予定が明かされた。編集者の鳥嶋和彦氏をゲストに迎え、インタビュー形式で同作の歴史的な背景に迫るという。インタビュアーを担うのは、創作ボードゲームを販売する「ドロッセルマイヤーズ」代表の渡辺範明氏だ。

 『アフター6ジャンクション』は、平日の18時から21時にかけ放送される人気帯番組。ヒップホップグループ「ライムスター」宇多丸氏がパーソナリティを務め、各日ごとに異なるアナウンサーが曜日パートナーとして出演する。

 毎週木曜日には、極度の“ゲーム好き”として知られる宇内梨沙アナが出演することから、ゲームにまつわる特集がたびたび取り上げられている。また、2021年2月4日には弊誌編集長のTAITAIも登壇し、「よいゲーム記事とは何か?」というテーマでトークを行った。

 そんな木曜のゲーム特集で恒例となっているのが、渡辺氏による不定期企画『国産RPGクロニクル』だ。これまで過去5回にわたって展開され、『ドラゴンクエスト』『ファイナルファンタジー』といった日本の名作RPGを中心に、シリーズの魅力や当時の時代背景を深堀りしてきた。

 6回目となる今回は「特別編」と題し、1995年に発売された『クロノ・トリガー』をピックアップ。同作は『ドラゴンボール』などの人気マンガを手がけた鳥山明氏によるキャラクターデザインが見どころのひとつだが、その鳥山氏の連載を『週刊少年ジャンプ』で担当していた編集者こそが“マシリト”こと鳥嶋氏である。

ラジオ番組『アフター6ジャンクション』に鳥嶋和彦氏のゲスト出演が決定。11月18日の放送で『クロノ・トリガー』と『Vジャンプ』が築いた時代を語る_001
(画像はスクウェア・エニックス『クロノ・トリガー』公式ページより)
ラジオ番組『アフター6ジャンクション』に鳥嶋和彦氏のゲスト出演が決定。11月18日の放送で『クロノ・トリガー』と『Vジャンプ』が築いた時代を語る_002
鳥嶋氏

 鳥嶋氏は『Vジャンプ』を立ち上げたのちに同誌の初代編集長を務め、攻略情報や特集記事などの掲載を通じて『クロノ・トリガー』と密接な関わりを築いてきた人物だ。渡辺氏もスクウェア・エニックスでゲームプロデューサーとして活躍していた経歴を持つ点などから、両者ならではのエピソードや核心を突くやり取りの登場に期待が高まる。

ラジオ番組『アフター6ジャンクション』に鳥嶋和彦氏のゲスト出演が決定。11月18日の放送で『クロノ・トリガー』と『Vジャンプ』が築いた時代を語る_003
2021年9月30日の放送回で『真・女神転生』シリーズを語る渡辺氏。最新作『真・女神転生V』のレビューを弊誌で執筆したライター・hamatsu氏も、この解説で同シリーズの魅力に目覚めたという。その旨は先日の番組内でも紹介いただいた(画像は『アフター6ジャンクション』公式サイトより)

 同特集は11月18日(木)の20時から20時50分にかけて放送を予定。視聴はTBSラジオのほか、放送後にラジオクラウドやポッドキャスト、Spotifyなどの各種音声配信サービスでも聴くことができる。

【あわせて読みたい】

【全文公開】伝説の漫画編集者マシリトはゲーム業界でも偉人だった! 鳥嶋和彦が語る「DQ」「FF」「クロノ・トリガー」誕生秘話

彼の編集者人生は数々の伝説に彩られている。新人賞にかすりもしなかった新人漫画家・鳥山明を一から育て上げ、何百枚にも及ぶボツ原稿を出したあげくに、『Dr.スランプ』や『ドラゴンボール』などの名作をタッグで世に送り出した。一体、伝説の漫画編集者とゲーム業界との関わりはどんなものだったのか? 

ライター
フリーランスの翻訳者を経て、2021年より編集アシスタントとして加入。京都の町屋で猫と暮らす。
Twitter:@dashimaruJP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ