高評価を得た2Dドットアクションゲーム『Hyper Light Drifter』が発売6周年。「大きなニュース」もあるという特別イベントが4月1日に開催へ

 開発元のHeart Machineは3月24日(木)、『Hyper Light Drifter』発売6周年を祝うアニバーサリーイベントを行うことを発表した。

 同イベントは日本時間の4月1日(金)に開催。アメリカのテレビネットワーク「G4TV」との共同で催され、同作の6周年を祝うとともに「大きな」ニュースを発表することが予告されている。

 『Hyper Light Drifter』はPC(Steam、Epic Games Store)向けに2016年にリリースされた作品で、以後Xbox OneやPS4、Nintendo Switch、iOS向けにも移植が行われた。

 世界最大級のインディーゲームアワードである「IGF 2017」にて「Excellence in Visual Art」(卓越したビジュアルアート)と「Audience Award」(観客賞)の2部門で受賞を果たすなど、非常に高い評価を受けたタイトルである。

『Hyper Light Drifter』発売6周年。大きなニュースもある特別イベントが4月1日に開催決定_001
(画像はSteam『Hyper Light Drifter』販売ページより)

 受賞歴の指し示す通り、ドット絵で描かれた精緻なグラフィックは圧巻の出来栄え。登場するキャラクターはもちろん、細かな背景の部分まで手作業でアニメーション化を施したという。ゲーム中のテキストはごくわずかで、その卓越したアートから雰囲気で物語を伝える手法を採用している。

 操作自体はシンプルなものの、いたるところに隠されたトラップやさまざまな戦闘スタイルで押し寄せるエネミーがプレイヤーを追い詰める、ハイスピードなバトルも人気の理由のひとつ。多くのシークレットを孕んだマップを探索し、武器やスキルをアップグレードしながら危険な世界を渡り歩いていく。

『Hyper Light Drifter』発売6周年。大きなニュースもある特別イベントが4月1日に開催決定_002
(画像はSteam『Hyper Light Drifter』販売ページより)

 『Hyper Light Drifter』は現在、Nintendo Switch、PS4、Xbox One(海外版のみ)、PC(Steam、Epic Games Store)、iOS向けに配信中。6周年を祝うイベントはYouTubeおよびTwitchから視聴が可能で、Heart Machineの公式Discordでもウォッチパーティを行うとのこと。以前にはアニメ化も報じられた同作の、新たな展開や続報にも期待したいところだ。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ