個人の開発者も無料でブースを出せる「東京ゲームショウ 2022」選考出展のエントリー受付が開始。優秀なアイデアを持つ8作品はプレゼンイベントへの登壇も

 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、同協会が主催する展覧会イベント「東京ゲームショウ 2022」について、インディーゲーム開発者が無料でブース出展できる「選考出展」のエントリー受付を4月1日(金)に開始した。希望者は専用ページから申し込み可能。応募締め切りは5月27日(金)の予定となっている。

個人の開発者も無料で出せる「TGS2022」選考出展のエントリーが開始_001
(画像はHOME | TOKYO GAME SHOW 2022 – 東京ゲームショウ2022より)

 1996年から展開されている「東京ゲームショウ」は、日経BPや電通の協力を経て年に1度開かれる日本最大級のゲーム展示会だ。2020年と2021年は新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえてオンライン開催となっていたが、今年は3年ぶりに一般の入場も可能なオフライン会場が復活する予定だ。過去の発表によると今年のテーマは「ゲームは、絶対、とまらない。」で、一般展示のほかに「VR/ARコーナー」や「インディーゲームコーナー」などの各分野へフォーカスした専門エリアも設置されるという。

 今回の選考出展では法人向けの有料出展と別に、プロやアマ、個人・法人を問わず80作品のクリエイターへ無料の出展機会を提供する。アイデアに優れた8タイトルは、日英の同時通訳付きで配信されるゲームアイデアのプレゼンイベント「センス・オブ・ワンダーナイト 2022(SOWN2022)」へファイナリストとして登壇。自身の作品に関するプレゼンテーションの機会を得られるという。各賞の受賞作には賞金も授与されるようなので、プロモーションに力を入れたい人はふるって応募しておくとよいだろう。

個人の開発者も無料で出せる「TGS2022」選考出展のエントリーが開始_002

プレスリリースの全文は以下のとおり。


インディーゲーム開発者がTGSに無料出展できる支援企画
インディーゲーム 「選考出展」 のエントリー受付を開始!
今年はエントリー作品のうち80タイトルのリアル出展が可能に!!

さらに、TGS期間中に実施するゲームアイデアのプレゼンイベント
「センス・オブ・ワンダーナイト(SOWN)」 のファイナリストに選ばれるチャンスも!

個人の開発者も無料で出せる「TGS2022」選考出展のエントリーが開始_003

東京ゲームショウ 2022([会期]9 月 15 日(木)~9 月 18 日(日)、[リアル会場]幕張メッセ/以下、 TGS2022)は、インディーゲーム開発者が、TGS2022 のインディーゲームコーナーに無料でリアル出展できる「選考出展」のエントリー受付を本日から開始します。専用ページから申し込みが可能で、応募締切は5月27日(金)です。
(専用ページ URL: https://expo.nikkeibp.co.jp/tgs/2022/jp/exhibitor/indie.html

インディーゲーム「選考出展」は、応募資格を満たしていれば、プロ、アマ、個人、法人を問わずエントリーできます。「選考出展」に選ばれると、TGS2022公式サイトのインディーゲームページで紹介されるほか、体験版のプロモーションや他の出展社とTGSアポイントシステムを使って商談もできる特典があります。またTGSでは、会期前に、「選考出展」のタイトルがより注目されるように、ユーザー参加型投票キャンペーンや作品紹介番組の配信などを実施する予定です。

独創的なアイデアの宝庫であるインディーゲームは、ゲーム業界に新たな風を吹き込む存在として、メディアでも取り上げられる機会が増えています。TGSでは、インディーゲーム開発者に脚光を当てることを目的に、2013年より「インディーゲームコーナー」を設置。本コーナーは、法人向けの有料出展(出展申込受付中)と、審査を経て無料出展できる「選考出展」があり、「選考出展」は、個人を含めた小規模ゲーム開発者にTGSへの出展機会を提供するものです。本企画を通じて、幅広いインディーゲーム開発者から生み出されるユニークなゲームを、世界中のゲーム関係者およびゲームファンに発信してまいります。

●「選考出展」の中から8作品が「SOWN2022」のファイナリストに選出!

TGS2022 では、インディーゲーム「選考出展」に選ばれた 80 作品の中から、アイデアに優れた作品をさらに 8 タイトル選出します。8 作品の開発者は、会期中に実施するゲームアイデアのプレゼンイベント「センス・オブ・ワンダーナイト 2022(SOWN2022)」のファイナリスト(登壇者)として、自身の作品をプレゼンテーションする機会を得られます。 SOWN2022 は、日本語/英語の同時通訳でライブ配信され、その場の審査によって大賞および各賞が決定します。大賞作品には 3,000 US ドル、その他各賞には 500US ドルが授与されます。

TGS2022は、ゲームのプラットフォームやジャンルを問わず、あらゆるゲームタイトル、周辺機器・サービスが一堂に会し、新たなビジネスチャンスをつかめる場です。インディーゲーム開発者の登竜門ともいえる本企画に、ぜひご注目ください。

※センス・オブ・ワンダーナイト(SOWN)は、“誰もがはっと、自分の世界が何か変わるような感覚”=「センス・オブ・ワンダー」を引き起こす特に優れたゲームアイデアのプレゼンテーション企画です。登壇者はインディーゲーム「選考出展」の中から選ばれます。SOWN2022 は、TGS 会期 2 日目となる 9 月 16 日(金)に開催を予定しています。
※インディーゲーム開発者を支援するこれらの企画は、特定非営利活動法人国際ゲーム開発者協会日本(略称: IGDA日本、理事長:高橋勝輝)の協力を得て実施します。

■インディーゲーム「選考出展」募集概要

名称:インディーゲーム「選考出展」
※インディーゲームコーナーには、有料で参加できる出展プランもあります(法人のみ)。
詳細は、TGS2022公式ホームページ内の「出展のご案内」をご覧ください。
会期: 2022年9月15日(木)~9月18日(日)
出展形式:リアル会場(幕張メッセ)に出展
※幕張メッセ( https://www.m-messe.co.jp/ )に来場できる出展社に限る
出展料:無料
応募方法:
インディーゲーム「選考出展」ページからご応募ください。
URL: https://expo.nikkeibp.co.jp/tgs/2022/jp/exhibitor/indie.html
応募締切:2022年5月27日(金)24:00まで ※日本時間
選考:審査員による選考を経て80作品を選出
スケジュール:
<1>「選考出展」の当選・落選を通知:2022年6月下旬予定
※選考出展に落選した場合、有料出展の申し込みが可能です(法人のみ)。
※選考出展もしくは有料出展のいずれかで出展したい場合、有料出展は、選考出展の落選後にお申し込みください。
<2>SOWNファイナリストに合格を通知:2022年7月下旬予定
備考:「選考出展」の中から、SOWN2022に登壇するファイナリスト8作品を選考します。

●応募条件
・応募団体の年間売上について。
法人:5000万円もしくは50万USドル程度以下であること。
個人:1000万円もしくは10万USドル程度以下であること。
・応募団体が法人の場合、資本的に独立していること(例えば、大手ゲーム会社の資本が入っていないこと)。

●応募できる作品
・完全オリジナルなゲーム(二次創作コンテンツは許諾の有無にかかわらず出展できません)。
・応募者が開発の権利を有するプラットフォーム向けに制作されたもの。
・ CESA倫理規定、CERO倫理規定に準じたもの、かつ以下のいずれにも相当しないもの。

1) CERO倫理規定「別表3」にある「禁止表現」に抵触、または抵触する恐れのある表現が含まれている
https://www.cero.gr.jp/relays/download/3/43/2/291/?file=/files/libs/291/202010162348223320.pdf
2)CEROの審査で「Z」区分レーティングを受けた作品、もしくは「Z」区分に相当する表現が含まれている可能性がある
3)海外で既に発表されており、海外審査機関(ESRBなど)で「17+」(MATURE)区分の指定を受けている
4)海外の発表予定で、海外審査機関(ESRBなど)で「17+」(MATURE)区分の指定を受ける可能性がある(残虐性が強く「13+」(TEEN)区分に相当するとは思えない作品)

●当日のプレゼンテーションについての注意事項
・ SOWN2022登壇者はインディーゲーム「選考出展」への出展が前提となります。
・登壇者には、10分間のプレゼンテーションの時間を提供します。制限時間内にゲームのデモやプレゼンテーションを行っていただきます(日本語⇔英語の同時通訳があります)。
・プレゼンテーションは、幕張メッセの公式番組配信スタジオで実施いたします。

●インディーゲーム「選考出展」に関するお問い合わせ先(メールのみ)
メールアドレス: indiegame@eventinfo.tokyo

■「センス・オブ・ワンダーナイト 2022(SOWN2022)」実施概要

個人の開発者も無料で出せる「TGS2022」選考出展のエントリーが開始_004

開催日: 2022年9月16日(金)16:00~18:00予定 ※日本時間
配信方法: YouTube Live、Twitter、ニコニコ、Twitchなどでのサイマル
配信のほか、HUYAなど中国の動画プラットフォームでも配信予定。
会場:幕張メッセ(千葉市美浜区)の公式番組配信スタジオ
賞金:大賞(Audience Award Grand Prix) 3,000 USドル
各賞(Audience Award Semi-Grand PrixBest Game Design Award, 他) 500 USドル

■東京ゲームショウ2022 開催概要

名称:東京ゲームショウ2022(TOKYO GAME SHOW 2022)
主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
共催:株式会社日経BP、株式会社電通
後援:経済産業省(予定)
会期:
2022年9月15日(木)ビジネスデイ 10:00~17:00
2022年9月16日(金)ビジネスデイ 10:00~18:00
※ 9月16日(金)14:00~18:00は一般来場者も入場予定。

2022年9月17日(土)一般公開日 10:00~18:00
2022年9月18日(日)一般公開日 10:00~18:00
※一般公開日は、状況により9:30に開場する場合があります。

会場:幕張メッセ(千葉市美浜区)展示ホール1~8 / 国際会議場
来場予定者数: 15万人
募集小間数: 1500小間
公式サイト: https://tgs.cesa.or.jp/

 

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。 コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ