統合版『マインクラフト』不気味な地下世界や古代都市を試験的に実装する最新アップデートが配信開始。待望の「スペクテイターモード」の初期機能も

 Mojangは現地時間の4月19日(火)、統合版『マインクラフト』最新アップデートとなる「1.18.30」を配信開始した。

 本アップデートでは、新たなレンダリングエンジンである「RenderDragon」がWindows 10(x86)、Nintendo Switch、スマートフォン(iOS、Android)で利用可能となった。新たなグラフィックエンジンに統合することで、将来的なパフォーマンスと安定性の向上にくわえ、今後実装される新機能をより簡単に追加できるという。

 また、64ビットシードを使用したワールドの作成が可能となり、こちらのシードはJava版と共有できる。満腹度についてもJava版にあわせた調整が行われ、ダッシュや泳ぎの際にも正しく消費する一方、ジャンプ時の消耗は減少しているようだ。

 ダメージ計算にも手がくわえられ、被ダメージ時にはJava版と同様にカメラが揺れる演出を採用。一部のアーマーの装甲値や保護エンチャントの軽減率、敵モブの攻撃のダメージ数値なども細かく変更されている。

『マインクラフト』最新アップデートが配信開始1
(画像は『マインクラフト』公式ニュースより)

 そして、実験的な機能として不気味な「Deep Dark」バイオームと、そこに秘められた「古代都市」、新たなクリーチャー「Warden」などが実装。くわえて「1.19」アップデートにて追加される予定である「SpectatorMode」の初期機能も収録された。

 これらはいずれも開発中のコンテンツのため、今後のアップデートにおいて仕様が変更される可能性がある。また、いくつもの問題を抱えており、ゲームのクラッシュを引き起こしたり、今後のアップデートで機能しなくなってしまう場合があるという。

 『マインクラフト』の最新アップデート「1.18.30」の詳細については、公式ニュースを参照されたい。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ