退役軍人の賞金稼ぎとなって改造ロボットで悪党と戦うアクションゲーム『BOUNTY STAR』正式発表。農地や基地を改築するサンドボックス要素も搭載

 Annapurna Interactiveは7月29日、『BOUNTY STAR』を発表した。対応プラットフォームはPC(Steam)およびPS4、PS5、Xbox One、Xbox Series X|SXbox Game Passにも対応する。発売時期は2023年を予定しており、Steamストアページによると日本語にも対応する。

 『BOUNTY STAR』は3人称視点のメカアクションゲームだ。物語の舞台はアメリカ南西部に位置する「レッドエクスパンス」。そこはかつて農業や商業が発展していたが、凶悪な犯罪者や猛獣により退廃した地域となっていた。

 退役軍人である主人公のクレムは「レッドエクスパンス」に降り立ち、強大なパワーを持つ二足歩行のロボット「Desert Raptor MKⅡ」に搭乗し、賞金稼ぎとして無法者たちを成敗していく。

 主人公が搭乗するロボットはカスタマイズ可能であり、近接用重火器、蒸気油圧式攻城兵器、爆発性火器といったさまざまな攻撃システムや高速推進システム、ダッシュ用ブースター、シールドといった防御用の機能を装備できる。

 トレーラーでは装甲が汚れた無骨なロボットらしい動作の重いアクションと同時に、スタイリッシュな攻撃を繰り出す場面も見られる。ロケーションも複数用意され、マップを移動する楽しさも味わえそうだ。

 また、本作ではサンドボックスゲームの様に、基地をカスタムしたり農業を行うことができる。水道や電気といったライフラインの確保や食物の栽培のほか、戦闘時に用いる弾薬の製造も可能だという。

 くわえて、主人公「クレム」や世界観の設定に具体的なバックグラウンドが用意されていることから、本作のシナリオにも期待したいところだ。

 興味がある読者はパブリッシャーであるAnnapurna InteractiveのSNSSteamストアページをチェックして続報を待とう。

ライター
ゲームアートやインディーゲームの関心を経て、ニュースを中心にライターをしています。こっそり音楽も作っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ