『バイオハザード ヴィレッジ』をスイッチで遊べるクラウドバージョンが10月28日に配信決定。『バイオ7 』、『バイオ RE:2』、『バイオ RE:3』もクラウドバージョンで2022年配信

  本日開催された配信イベント「Nintendo Direct」にて、カプコンは『バイオハザード ヴィレッジ』をクラウドバージョンとして10月28日(金)配信すると発表した。「Nintendo Direct」終了後、体験版の配信と予約開始とのこと。

 また、『バイオハザード7 レジデント イービル』『バイオハザード RE:2』『バイオハザード RE:3』もクラウドバージョンで2022年配信される。

カプコンは『バイオハザード ヴィレッジ』をクラウドバージョンとして10月28日(金)配信すると発表した_001
カプコンは『バイオハザード ヴィレッジ』をクラウドバージョンとして10月28日(金)配信すると発表した_002
カプコンは『バイオハザード ヴィレッジ』をクラウドバージョンとして10月28日(金)配信すると発表した_003
カプコンは『バイオハザード ヴィレッジ』をクラウドバージョンとして10月28日(金)配信すると発表した_004

 クラウドバージョンのゲームは、専用アプリをダウンロードすることで、大容量のゲームデータをダウンロードすることなくNintendo Switchで手軽にゲームプレイすることができる。ただし、ゲームデータが格納されているクラウドサーバーからインターネット回線を通じて、常にゲーム情報を受け取るので、安定したネットワーク環境が必要とるなる。

 やはり今回のクラウドバージョンの中でも注目すべきは『バイオハザード』シリーズ新作の『バイオハザード ヴィレッジ』だろう。シリーズ本編としては10作目にあたる本作は2021年5月8日に発売された。

 作中の時系列上では『バイオハザード7 レジデント イービル』の3年後に位置し、主人公は同じくイーサン・ウィンターズ。そして彼の物語の完結編となる。

 Nintendo Switch以外のコンソールを持っていなかった人には朗報。気になる方はぜひチェックしていただきたい。

※画像はすべて配信の映像からキャプチャしたものです。

ライター
『プリパラ』、『妖怪ウォッチ』ありがとう。黙々とゲームに没頭する日々。こっそりと同人ゲーム、同人誌を作っています。ネオ昭和ビジュアルノベル『ふりかけ☆スペイシー』よろしくお願いします。
Twitter:@zombie_haruchan
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ