『スプラトゥーン3』が発売から約2ヶ月で全世界790万本の出荷を記録。2023年3月期・第2四半期の決算資料から明らかに

 任天堂は11月8日(火)、2023年3月期の第2四半期(7月~9月)における決算を発表した。あわせて公開された説明資料のなかで、9月9日に発売された『スプラトゥーン3』がダウンロード版やプリインストール版の販売本数を含めて790万本の出荷本数を記録したことが明らかとなっている。

『スプラトゥーン3』が発売から約2ヶ月で全世界790万本の出荷を記録_001
(画像は任天堂株式会社:株主・投資家向け情報「2023年3月期 第2四半期決算発表 決算説明資料(ノート付)」より)
『スプラトゥーン3』が発売から約2ヶ月で全世界790万本の出荷を記録_002
(画像はマイニンテンドーストア『スプラトゥーン3』より)

 発表によると、2023年3月期の第2四半期は前年同期⽐で売上⾼が5.2%増となる6569億円、営業利益は0.2%増の2203億円となっている。また、前年同期比で36.5%増の3224億円となった経常利益については、前期末に⽐べて⼤幅な円安の推移をみせた関係から、764億円の為替差益が発⽣しているという。Nintendo Switch本体については半導体部品が不⾜するなどの影響もあり、出荷本数は前年同期⽐で19.2%減の668万台となった一方、販売本数は前年同期と同じ⽔準の台数を記録したようだ。

 ソフトウェアについては4月発売の『Nintendo Switch Sports』が615万本、6月発売の『マリオストライカーズ バトルリーグ』が217万本の出荷を記録。『ゼノブレイド3』は海外での124万本を含めて172万本を記録したほか、前期以前から発売中の『マリオカート8 デラックス』『星のカービィ ディスカバリー』も順調に本数を伸ばしている。

『スプラトゥーン3』が発売から約2ヶ月で全世界790万本の出荷を記録_003
(画像は任天堂株式会社:株主・投資家向け情報「2023年3月期 第2四半期決算発表 決算説明資料(ノート付)」より)

 上記のほか、第2四半期における100万本以上の出荷を記録した自社作品は15タイトルとなっている。年末以降に向けては11月に『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』、翌年1月に『ファイアーエムブレム エンゲージ』、2月に『星のカービィ Wii デラックス』などの発売をそれぞれ予定しているようだ。

『スプラトゥーン3』が発売から約2ヶ月で全世界790万本の出荷を記録_004
(画像は任天堂株式会社:株主・投資家向け情報「2023年3月期 第2四半期決算発表 決算説明資料(ノート付)」より)
ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。 コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon売上ランキング

集計期間:2023年1月27日14時~2023年1月27日15時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ