『テイルズ オブ クレストリア』マンガ版が12月4日より「マガポケ」にて連載スタート。2月にサービスを終了したスマホゲームの物語がコミカライズされ再び描かれる

 バンダイナムコエンターテインメントは12月4日(日)より、マンガ『テイルズ・オブ・クレストリア 咎我人の罪歌』を少年マガジン公式無料マンガアプリ「マガポケ」にて連載する。

 本作は2020年にサービスを開始したスマートフォン向けアプリ『テイルズ オブ クレストリア』のコミカライズ作品。原作ゲームは「罪」をテーマとし、新たなオリジナルキャラクターによる物語を中心に描く。また『テイルズ オブ』シリーズの人気キャラクターたちも主人公を助ける「キーキャラクター」として登場していた。

 2月7日(月)を持ってサービスを終了し、アプリ上でのストーリーは当時公開されていた10章までとなったものの、ゲームではない形で物語を展開させることも検討中とされていた。そして今回、新たにコミカライズという形で『テイルズ・オブ・クレストリア』の世界が描かれる次第である。

 『テイルズ・オブ・クレストリア 咎我人の罪歌』ではシナリオを原作と同様に「シナリオ工房月光」の熊谷純氏が担当、マンガを綾杉つばき氏が手がける。単行本第1巻も2023年1月17日(火)の発売を予定しており、すでにAmazonなどでは予約受付もスタートしているようだ。

あらすじ

貧しいながらも明るい片田舎のダーチア村。
正義感溢れる少年・カナタは、村のために飛び回る父の背中を追い、
幼なじみのミゼラたちと共に村の役に立とうと奮闘していた。
だが行商から父が還った夜、少年の世界は一変する。
父はミゼラら孤児たちを引き取る一方、彼らを富裕層に売っていたのだ。
動揺するカナタはミゼラを守るため、父を刺し殺してしまう。
事件を知った村人たちの”正義”の祈りは、悪人を裁く”執行者”を呼ぶ。
圧倒的な力を振るう執行者。追い詰められながらも再び顔を上げた時、
少年は血塗られた奇跡をその手に掴む――。
罪を背負いし衝撃のコミカライズ、ここに開幕!!

Amazon『テイルズ・オブ・クレストリア 咎我人の罪歌(1) 』商品ページより引用)

 『テイルズ・オブ・クレストリア 咎我人の罪歌』は12月4日(日)より「マガポケ」にて連載をスタートする予定だ。単行本第1巻も2023年1月17日(火)に発売となる。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon売上ランキング

集計期間:2023年2月4日19時~2023年2月4日20時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ