熱帯魚や水槽などを扱うアクアリウム店シミュレーター『Aquarist VR』が12月10日に発売決定。展示会の運営、製品の販売、個別注文などに応じていく

 PlayWay S.A.とFreeMind S.A.は、アクアリウム店シミュレーター『Aquarist VR』を12月9日(日本時間12月10日)に発売すると発表した。

 対象プラットフォームはPC(Steam)。VRサポートはValve Index、HTC Vive、Oculus Riftに対応する。

 『Aquarist VR』は、2022年3月に発売した『Aquarist』のVR版となり、VR専用タイトルとなる。熱帯魚や水槽、淡水植物、関連用品などを扱う町のアクアリウムのショップを運営していくアクアリウム店シミュレーターだ。

 ゲームは顧客の要望にあわせて、展示会の運営、製品の販売、個別注文などに応じなければいけない。また店員の安全や健康、食事などにも気を配る必要がある。

熱帯魚や水槽などを扱うアクアリウム店シミュレーター『Aquarist VR』が12月10日に発売へ_001
(画像はSteamより)
熱帯魚や水槽などを扱うアクアリウム店シミュレーター『Aquarist VR』が12月10日に発売へ_002
(画像はSteamより)
熱帯魚や水槽などを扱うアクアリウム店シミュレーター『Aquarist VR』が12月10日に発売へ_003
(画像はSteamより)
熱帯魚や水槽などを扱うアクアリウム店シミュレーター『Aquarist VR』が12月10日に発売へ_004
(画像はSteamより)

 魚の生態を学んで、温度、環境、栄養をコントロールしよう。魚やサンゴ、藻類や装飾品などを用いて理想のアクアリウムを設計しよう。

 今回の『Aquarist VR』は、そのタイトルどおりVRに対応しているため、臨場感あふれるアクアリウムの管理をすることができるようになった。モーションコントローラーを使って、直感的に魚の餌やりや装飾品を配置していこう。

 『Aquarist VR』は日本時間12月10日に発売予定だ。なお残念ながら日本語に対応していない。また「VRでなくてもいい」という人は、通常版の『Aquarist』が発売中なので気になった人はウィッシュリストに登録してみてはいかがだろうか。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ