いま読まれている記事

『龍が如く7外伝 名を消した男』PC(Steam)版が25%オフの4455円で購入できるセールを開催。期間は1月5日まで。『龍が如く7 光と闇の行方』の裏側で、伝説の龍こと「桐生一馬」が裏社会で動くエージェント「浄龍」となる

article-thumbnail-231222j

12月22日、伝説の極道の生き様を描くRPGの『龍が如く7外伝 名を消した男』のPC(Steam)版が25%オフの4455円で購入できるセールが開催中だ。期間は、1月5日までとなっている。

11月9日に発売された本作は、初代『龍が如く』から『龍が如く6 命の詩。』まで主人公をつとめてきた桐生一馬が、ナンバリングタイトルの『龍が如く7 光と闇の行方』の舞台裏でどのような活躍を見せていたのかを描く文字どおり外伝的な作品だ。

対応プラットフォームは、PS5、PS4、Xbox one、Xbox Series X│S、PC(Steam)となっている。

かつて、“伝説の龍”と呼ばれた男、桐生一馬(きりゅう かずま)は、極道としての人生から逃れることができないと悟り、自らの死を偽装して守るべき家族の元から去った。

本作では、桐生一馬が日本の裏でフィクサーとして暗躍していた「大道寺一派」のエージェント「浄龍」となり、日の目を見ることのない、依頼をこなし続けるだけの飼い殺しの日々からスタートする。

『龍が如く7外伝 名を消した男』PC(Steam)版が25%オフのセールを開催。期間は1月5日まで_005
(画像は公式トレーラーより)

また、システムをコマンドバトルに変更した『龍が如く7 光と闇の行方』とは違って、本作では従来どおりのアクションバトルが復活。シリーズならではの力業を駆使した「応龍」や、ガジェットなどを用いて速やかに敵を殲滅する「エージェント」と二つのバトルスタイルを切り替えてプレイすることが可能となっている。

なお、『龍が如く』シリーズは、1月26日には最新作である『龍が如く8』の発売を控えている。当サイトでは『龍が如く7外伝 名を消した男』の感想が書かれた記事も掲載されているので、本作が気になった方はぜひチェックしてみてほしい。

『龍が如く7外伝 名を消した男』はPS5、PS4、Xbox one Xbox Series X│S、PC(Steam)に向けて発売中。25%オフの4455円で購入できるセール期間は1月5日までとなっている。

ライター
MOTHER2でひらがなを覚えてゲームと共に育つ。 国内外問わず、キャラメイクしたりシナリオが分岐するTRPGのようなゲームが好き。 Divinity: Original Sin 2の有志翻訳に参加。 ゴーストオブツシマの舞台となった対馬のガイドもしている。 Xアカウント(旧Twitter)@Tsushimahiro23

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年5月22日20時~2024年5月22日21時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ