いま読まれている記事

難病の格闘ゲーマー・Jeni選手、世界最高峰の大舞台「EVO2024」参加のためのクラウドファンディングを実施。全身の筋肉が衰えていく症状の中、特殊なコントローラーを駆使し活躍してきたプレイヤー

article-thumbnail-240327k

株式会社ePARAは、同社所属のJeni選手(畠山駿也氏)が世界最大規模の格闘ゲーム大会「EVO2024」へ参加するための渡航費用・大会参加費用を募るクラウドファンディングを3月29日(金)から実施すると発表した。

Jeni選手は幼少期に、全身の筋肉が次第に衰えていく難病・デュシェンヌ型筋ジストロフィー症と診断され、日常生活にも大きな影響を受けながらeスポーツの世界で活躍してきたプレイヤーだ。実際の身体が思うように動かせない分、ボタン操作だけで強くなれるゲームに魅せられ、その素晴らしさを多くの人と共有したいという想いから活動を続けてきた。

症状は時間とともに進行しており、現在は呼吸器と特殊なコントローラー、そして介護士や理学療法士のサポートによってゲームができる状態であるという。これまでにも介助者とともに、国の福祉制度などを活用しながら国内大会への遠征を行っている。

難病の格闘ゲーマー、「EVO2024」参加のためのクラウドファンディングを実施_001

Jeni選手が「EVO2024」に参加するために必要な経費は、看護師など介助者3名の渡航宿泊費用を合わせると約400万円に達するが、今回のクラウドファンディングの目標金額は50万円に設定されている。集まった支援金は、アメリカへの渡航や現地での滞在費用として使用されるとのこと。

Jeni選手は「私の夢は、EVO2024に選手として参加する事です。デュシェンヌ型筋ジストロフィー症という病気を抱えながらも、私は可能性を信じています。皆様の支援があれば、この夢を現実に変えることができます。ご支援いただけると幸いです」と呼びかけている。

支援のプランは最低3000円から用意されており、一例として5980円・9980円のプランでは「無敵時間」とのコラボTシャツが入手でき、支援者の名前が背中にプリントされるという。高額のものでは3万円でユニフォームの購入が可能なほか、20万円・50万円・100万円のプランでは大会で着用されるユニフォームの袖や襟、胸部分に名前を掲載することも可能だ。

難病の格闘ゲーマー、「EVO2024」参加のためのクラウドファンディングを実施_002

Jeni選手の「EVO2024」参加を支援するクラウドファンディングは3月29日(金)から4月30日(火)の期間で実施予定。同氏の普段の活動については公式のnote、クラウドファンディングの詳細についてはプロジェクトページなども参照されたい。

プレスリリースの全文は以下のとおり。


難病eスポーツプレイヤーの夢、世界最大の格闘ゲーム大会EVOへの参加を実現させるためのクラファンに挑戦

デュシェンヌ型筋ジストロフィー症の格闘ゲーマー畠山駿也が米国で開催されるEVOへの参加を目指します

難病の格闘ゲーマー、「EVO2024」参加のためのクラウドファンディングを実施_003

デュシェンヌ型筋ジストロフィーという難病を抱え、日常生活に多大な影響を受けながらも、その限界を超えてeスポーツの世界で活躍し続けるJeniこと畠山駿也(株式会社ePARA所属)が、今度は世界最大規模の格闘ゲーム大会「EVO2024」への参加を目指しています。この夢を現実にするため、畠山はクラウドファンディングを通じて、渡航費用及び大会参加費用を募るキャンペーンに挑戦します。

期間:2024年3月29日(金)12時〜2024年4月30日(火)

過去の夢に、今の自分で挑戦する‐難病格闘ゲーマーの海外遠征に力を貸してください。

https://camp-fire.jp/projects/723371/preview?token=3mmacqup&utm_campaign=cp_po_share_c_msg_projects_preview

畠山駿也は、子供の頃にデュシェンヌ型筋ジストロフィーと診断され、多くの困難に直面してきましたが、実際の身体が思うように動かせない分、ボタン操作だけで強くなれるゲームに魅せられ、その素晴らしさをより沢山の人と共有したいという想いは日に日に強くなっていきました。

しかし、この病は時間と共に症状が進行し、現在では呼吸器と特殊なコントローラー、介護士や理学療法士のサポートによりやっとゲームができる状況です。

難病の格闘ゲーマー、「EVO2024」参加のためのクラウドファンディングを実施_004

EVOは毎年アメリカで開催される世界最大の格闘ゲーム大会で、世界中から最高のプレイヤーが集まります。畠山駿也がこの舞台に立つことは、彼にとっても、彼を支えるコミュニティにとっても、非常に意義深いことです。彼の参加は、デュシェンヌ型筋ジストロフィー症という難病を持つ人々にとっての希望の光となり、限界を超えた可能性を世界に示す機会となるでしょう。

畠山駿也がEVO2024に参加する為に必要な参加登録費の他、看護師などの介助者3名の渡航宿泊費用を合わせると約400万円になりますが、クラウドファンディングのキャンペーンでは、目標金額を50万円に設定して開始します。

畠山駿也は「私の夢は、EVO2024に選手として参加する事です。デュシェンヌ型筋ジストロフィー症という病気を抱えながらも、私は可能性を信じています。皆様の支援があれば、この夢を現実に変えることができます。ご支援いただけると幸いです」と呼びかけています。

日本のアーケードゲーム業界の重鎮、松田泰明氏(ユニバーサルグラビティー社の代表取締役)は次のように述べています。

「格闘ゲームの魅力は、ただ単に体格や年齢、性別の違いによる不利が存在しないという点にとどまりません。プレイヤーが互いに競い合うだけでなく、協力し合う文化がコミュニティに深く根付いていることも、その大きな魅力の一つだと思っています。Jeni君がアメリカのEVOに参加するという夢を、僕等コミュニティが力を合わせて実現させることで、格闘ゲームの素晴らしさがさらに多くの人々、延いては世界中の人々に伝わると信じています。Jeni君の挑戦に皆様の力を貸してください。よろしくお願いいたします。」

難病の格闘ゲーマー、「EVO2024」参加のためのクラウドファンディングを実施_005
松田泰明氏ユニバーサルグラビティー社代表取締役

クラウドファンディングの詳細や支援方法については、下記のURLをご覧ください。

過去の夢に、今の自分で挑戦する‐難病格闘ゲーマーの海外遠征に力を貸してください。

https://camp-fire.jp/projects/723371/preview?token=3mmacqup&utm_campaign=cp_po_share_c_msg_projects_preview

畠山駿也の普段の活動に関しましては、下記のnoteをご覧ください。

Note: https://note.com/jenixo/

皆様の暖かいご支援に感謝します。

Jeni 畠山駿也
Note: https://note.com/jenixo/
X: https://x.com/jenixo0

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年5月29日19時~2024年5月29日20時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ