いま読まれている記事

『VRChat』がついに日本語UIに対応。オープンベータにて。クイックメニューからアクションメニューまですべてローカライズ

article-thumbnail-240508c

ソーシャルVRプラットフォーム『VRChat』は5月8日(水)、最新オープンベータにて日本語UIに対応した。

なお、ネットワークバージョンに変更はないため、本ベータにアップデートしたとしても他のユーザーと一緒に遊ぶことが出来る。

『VRChat』はMeta StoreをはじめとするVRプラットフォームとSteamにて2014年からリリースされているソーシャルゲームだ。ユーザーはゲーム内で配信されている無料アバターからBoothで販売されている有料アバターを利用することで、ユーザーたちが作成した多様なワールドで交流・ゲームを楽しむことが出来る。

配信されているゲームワールドの一例には「人狼ゲーム」から「オセロ」のような卓上で遊べるゲームから「氷鬼」から「バトルロワイヤル」のようなアクティブ性の高いゲームまでさまざまなゲームがラインナップ。最近では古のオンラインゲームのような世界観を楽しめるとして、「NeoWorlds」というワールドが話題になっていた。

『VRChat』のオープンベータでついに日本語UIに対応_001

『VRChat』のオープンベータでついに日本語UIに対応_002

『VRChat』のオープンベータでついに日本語UIに対応_003

今回配信された日本語化は昨年の3月から準備が開始されており、同月には日本語公式X(旧Twitter)アカウントが開設。そして、1年の時を得てついに日本語に対応した形となる。

ちなみに公式X(旧Twitter)ではSteam版のオープンベータへの参加方法も動画付きで解説されているため、やり方が分からなければあわせてチェックしてみると良いだろう。

ライター
マヌルネコを愛してやまない雑多ゲーマー。好きなゲームは『DEEMO』シリーズ、『A Hat in Time』、『エターナルリターン』、『Red Dead Redemption 2』
Twitter:@cookieP_Sub

この記事に関するタグ

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年7月19日04時~2024年7月19日05時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ