椅子ドンVR「キスだけじゃ……物足りない!」 ボルテージブースで私、体験してきました【TGS2016】

想像以上に近い一ノ宮

 2016年9月15日より千葉・幕張メッセにて開幕した東京ゲームショウ2016。過去最多のブース数となった今回、トレンドのひとつとなっているのは、やはりVR。プレイステーションブースを筆頭に、さまざまな場所でVRコンテンツが体験できるのだが、編集部(の一部)は、開場と同時に真っ先にボルテージブースを目指した。そこでの“椅子ドンVR”体験をお届けしよう。

ライター/雨宮美奈子


 ボルテージは、女性向け恋愛シミュレーションゲームを多数手がけていることで知られるメーカー。過去のゲームショウでは、リアル壁ドン体験で大好評を博し、大盛況となっていた。今年も大盛況であったが、中でも目玉だったのはVR技術を使ったという「椅子ドン」だ。「壁ドンではなく、椅子ドン? しかもVRで?」と、編集部は注目。そこで今回は私(♀)がライターとして突入することになったのだ。

 広大なゲームショウの会場でもひときわ目立つ、女性向けの乙女チックなブースに開場いちばんに駆けつけたが、そこはすでに女性客で溢れていた。

 今回の椅子ドンVRで体験できたのは、スマートフォン用の人気タイトル『スイートルームで悪戯なキス』のメインキャラクターである、“オレ様キャラ”の大富豪・一ノ宮英介とのふたりきりの時間。このゲームショウ用に特別に作られたコンテンツで、スマートフォンのゲーム中では体験できないもの。今回はごく短時間のコミュニケーションを楽しむ設定で、元のストーリーを知らない参加者でも充分に楽しめる内容となっていた。

 順番が来て入ったカーテンの向こうには、人がふたりほどが入ればいっぱいになりそうな小さめのスペースがあった。そしてそこにポツンと置かれた椅子。スタッフの指示で中に入り着席し、ゴーグル(Oculus Rift)とヘッドホンをつけてスタンバイ。

 舞台は閉じ込められた密室。体験者は、大富豪である一ノ宮にお金で買われ、閉じ込められているという設定の模様。

 今回はVRで観た映像を、モニター越しにご紹介。まずは登場した一ノ宮が近づき、「お前は俺のものだ」と囁いてくるところからスタート。

 「買われたというのに眠っているとは、いい身分だな」と言われ、思わず「すいません……」と声に出た。端正な顔立ちは二次元好きにはたまらないが、リアルさという点でいうとやはり物足りなく、アニメを見ているような気持ちになった。この段階では。

 すると、唐突に部屋がまるごとエレベーターのように上昇し、周囲が夜景の見える窓となった。景色を思わず見回してしまう。

 そして、一歩ずつリアルな足音を響かせながら、一ノ宮が歩み寄ってきた。歩いてきたが、「人が近づいたときに感じる気配を肌で感じないから、これはVR」と自分に言い聞かせた。それくらい近い。

 ここで、画像ではわかりづらいが、一ノ宮は体験者の椅子にいきなり覆いかぶさるようにして、上から迫ってきた。「え、あ、えー!?」 声が出る。こ、これが“椅子ドン”か。ちなみにこの瞬間の一ノ宮の圧迫感がものすごい。だが触れようとしても、当然ながらそこには何もなく、しかたがないのでスーハーしてみたが、匂いを感じられず、少し寂しくなった。

 そしてここからが椅子ドンVRの最大の見せ場。この圧倒的な近さは、VRを何度か体験した筆者でも観たことないほどのもので、迫力満点。VRだと言い聞かせていた自分だが、視線を注がれたまま近づかれると、こちらも思わず身構える。「これはリアルじゃない、リアルじゃない」と呪文のように唱え、恥ずかしながらも堂々とキスすることにした。

バーチャルが相手、とはわかりつつもヘッドホンを通じて耳元に近づいてくる声、そしてあまりに近い顔にたまらず正視できなくなっていた参加者も。
バーチャルが相手、とはわかりつつもヘッドホンを通じて耳元に近づいてくる声、そしてあまりに近い顔にたまらず正視できなくなっていた参加者も。

 永遠のような一瞬の時間が過ぎ、「お前は俺のものだからな」と一ノ宮は去って行った。そこで体験は終了。

 正直なところを言うと、これはやはりVR。近さにハッとして身構えたりなど、VR独特の没入感が楽しめたが、ここまでされると、匂いや吐息などが感じたくなる。体験者の唇に実際に何かが触れるのは難しいだろうが、じつのところキスをしているという実感には至らず、物足りなさを感じてしまった。タイミングを示す椅子揺れなどのギミックがあったらよかったのかもしれないが、ゲームショウの会場でそれを望むのは欲張りなのだろう。ただ、VRを通じての恋愛シミュレーション体験には発展の余地があるということ、そしてそこへ向かって各メーカーが邁進していることは確信した。

ちなみに同行した男性も体験したところ、「自分と同じ男性に迫られても、バーチャルなのであんまり気持ち悪くなかった」と言っていた。二次元の世界だけに、同性でも受け入れやすいのかもしれない。
ちなみに同行した男性も体験したところ、「自分と同じ男性に迫られても、バーチャルなのであんまり気持ち悪くなかった」と言っていた。二次元の世界だけに、同性でも受け入れやすいのかもしれない。

 ちなみに椅子ドンVR以外にも、今回ボルテージブースでは複数の体験コーナーが用意されていた。たとえばテレビCMでもおなじみとなったスマートフォン用の人気ゲーム『ダウト』を再現したリアル脱出ゲームでは、部屋の中のさまざまな謎を解き、クリアできると運命の相手が迎えに来るという仕掛けが楽しめた。 こちらをクリアできた場合、最後にはボルテージブースのお得意、“壁ドン”体験が味わえる。

 男性の香水の香り、吐く息、そして腕が触れた髪越しに感じるほんのりとした体温。「そうそう、これ!」と、VRに人の気配と吐息が欲しいと痛感した(ちなみに失敗すると、ストーカーになってしまった元彼が迎えに来るというバッドエンドも用意されていた)。

 また、イケメン武将との逢瀬が楽しめる、スマートフォン用のゲーム『天下統一恋の乱 Love Ballad』を題材にしたコーナーでは、イケメンが扇子で顔をなぞってくれるという体験もできた。

ここでも近づかれたときに男性の吐息が耳にかかり、ドキッとした。
ここでも近づかれたときに男性の吐息が耳にかかり、ドキッとした。

 バーチャルでもリアルでも、どのコーナーでも共通していたのは、相手男性の目線も態度も“上から”だったということ。そういう好みの女性にとってはたまらない設定だろう。

出演する“リアル”のイケメンたちの人気投票も開催。こちらで人気を獲得したイケメンは、最終日にステージにて表彰される仕組みとなっており、毎年スターが誕生している。
出演する“リアル”のイケメンたちの人気投票も開催。こちらで人気を獲得したイケメンは、最終日にステージにて表彰される仕組みとなっており、毎年スターが誕生している。

 思わず引き込まれたり大胆になれたり、だけどリアルに比べるとちょっと物足りない気もする椅子ドンVR。「キスなら……吐息を感じたい!」という筆者の意見がいつか反映されることを切に願う。

「東京ゲームショウ2016」関連記事:

何もないのに、何かあるのがおもしろい! 先端技術でバーチャルな“触感”をお手軽体験してみた【TGS2016】

VRゲームは1ヵ月でここまでできる! トイディアブースで『ドラゴン アーチャー(仮)』を体験【TGS2016】
“バイオハザード20th ANNIVERSARY”の隠し玉、『バカハザ』に注目! 『少年バカボン』とのコラボを実現させたキーマンにその場で直撃インタビュー【TGS2016】VR×ギャルといえばアレじゃなくてコレ!? 特濃VR恋愛アドベンチャー『しあわせ荘の管理人さん。』試遊リポート【TGS2016】
【TGS2016】編集部が仕事用に作成した「TGS事前情報全まとめ」を使い道がないので大公開!行く人・行かない人どちらも便利かも
【TGS2016】合法です! ひたすらキレイなコンパニオンさんたちを映し続けるだけの生放送決定!

電ファミTwitterをフォロー
LINE@開設しました

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

カテゴリーピックアップ