主人公は「アボカド」。実写ムービーの中を歩き回る、生きている果物のアドベンチャーゲームが登場【レビュー:アボ】

 突然ですが、あなたは「アボカド」です。
 そう、あの栄養満点で、まったり濃厚で、ちょっと黒くて柔らかい方が美味しいアレです。

 そんなアボカドが実写映像の中をテクテクと歩き回る、ショートムービーのアドベンチャーゲームがiOSで公開されました。
 『アボ(Avo)』です。

 なんだかいかにも英国的なゲーム。
 イギリスでは錯視を利用した独特なビジュアルを持つ『Monument Valley』や、実物のミニチュアを作ってゲームの舞台とした『Lumino City』、食パンが主人公の『I am Bread』など、ハイセンスだけど風変わりなアドベンチャーゲームが作られていますが、今作もそのひとつ。

 難しい謎解きはなく、散策するだけで進行するゲームですが、あたかも実写ドラマの中を歩き回っているような光景はとても斬新です。
 そしてアボカドが主人公なのも新しすぎる。

 アプリ本体は無料ですが、先のステージをアンロックするには「ビーン」と呼ばれるアイテムを集める必要があり、しかし無課金では十分な量は得られません。
 同じステージを繰り返し、がんばって集めることもできないわけではありませんが…… ストレートにラストまで進むには720円の課金をして、ビーンを購入する必要があります。
 その値段のアプリだと思ったほうが良いかもしれません。

 しかし無課金でも、序盤のステージを試してみることはできます。
 そしてその先進的かつ素っ頓狂な内容は、一見の価値があります。

 「ビリー」という名の、ちょっとマッドな女性科学者の研究室が舞台。
 主人公は彼女の発明品「植物に命を与える装置」で作られた、歩くアボカド「アボ」
 彼女の頼みで、あちこち歩き回ってゴミやら道具やらを集めていきます。

 移動はラインドロー形式。
 指をスライドすると線が引かれ、離すとその線に沿ってアボがトコトコ歩きます。

 フィールドには豆のような「ビーン」が落ちていて、これを拾い集めながら探索を進めます。
 ビーンは前述したようにステージのアンロックに必要ですが、行くべき方向、歩ける場所を暗示する役目もあります。

 実写の風景の中を歩けるゲームは過去にもありましたが、このゲームはその風景が動いているのが特徴。
 主人公のアボはポリゴングラフィック(CG)ですが、背景はすべて実写映像で、アボが特定の地点に差しかかると背景の人がアボの方を振り向くといった、進行に沿った自然な映像が見られます。

 ひとつのステージはそれほど長くありませんが、途中でムービーシーンが入り、ボイスも多いです。
 セリフは英語ですが、日本語の字幕があるので安心。
 ステージ内の特定の場所を調べると発生する、隠しのイベントも点在しています。

 物語はプロローグとエピローグを含めて全8章。
 途中で研究室に泥棒が入り、そこから話が動き始めます。
 ショートストーリーであり、派手な大冒険が繰り広げられるわけではありませんが、海外のドラマを見ているような楽しさがありますね。

 なお、プレイしている間に次のステージが自動でダウンロードされますが、初期設定のままだとWi-Fi環境下でなくてもダウンロードが進行します。
 データ通信量が大きく増える可能性があるため、設定の「Wi-Fi接続時のみダウンロードする」にチェックを入れておいた方が良いでしょう(データ量は全ステージで525MB。この量が問題ない人はWi-Fiでなくても構いません)。

 ゲームが楽しいというより、ビジュアルが面白いゲーム。
 『Florence』『Lumino City』が海外で高く評価されたように、この作品もゲームの新たな表現方法として、表彰などにノミネートされそうです。
 主人公のアボも眺めているとかわいくなってきます。

 現時点(2019/3)ではiOS版しかありませんが、アート系のアプリが好きな方なら、チェックしておきたい作品でしょう。

アボ(Avo)

歩く「アボカド」が主人公の実写ドラマアドベンチャー

(画像はアボ – AppStoreより)

・アドベンチャー
・Playdeo(イギリス)
・本体無料、課金あり

文/カムライターオ

【あわせて読みたい】

世界最速のパンは誰だ。食パンになってトーストを目指すゲーム『I am Bread』のタイムアタックで世界新記録の更新合戦

食パンとなって熱々のトーストを目指すゲーム『I am Bread』のリアルタイムアタック(RTA)にて、世界新記録の更新合戦が勃発。世界最速のパンは誰だ!?

関連記事:

神奈川県民が作る「首が伸びる鹿」が主人公の“ごく普通の鹿ゲー”『DEEEER Simulator』は9割がTwitterでできているゲームだった【開発者インタビュー】

冬の京都でパンツ一丁になり、300MBのブリーフ男の写真を切り抜く──実写格闘ゲーム『ブリーフカラテ』開発秘話

著者
『Ultima Online』や『信長の野望 Online』、『シムシティ4』など、数々のゲームのファンサイトを作成してきた。
iPhone 解説サイト『iPhone AC』を経て電ファミニコゲーマーのお世話に。
シューティングとシミュレーションが特に好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧