駐禁キップを張りまくる不良警官ゲーム『Beat Cop』がセール中。古代エジプトSLG『Predynastic Egypt』、戦禍のサバイバル『This War of Mine』もセール中【スマホゲームアプリ セール情報】

 ここではスマホ(iOS / Android)のゲームアプリのセール情報をお届けしています。

 価格は当方で確認した時点のものです。急にセールが終わることもあるため、購入前には価格の確認を行ってください。
 アプリ名のリンクは電ファミ内かiPhone ACのレビューページに移動します。

注目情報

(追加)Steam版が公開されたリメイク『Final Fantasy III』がスマホ版もアップデートしてセール開始。

不良警官のパトロールシミュレーター『Beat Cop』が初セール。

古代エジプト文明成立を描く『Predynastic Egypt』がセール中。

iOSのドイツゲームアプリの定番『Carcassonne』(カルカソンヌ)が2月末まで半額、その後に公開終了。

一時期、ゲーム実況で話題になったゾンビサバイバル『SKYHILL』がセール中。

文/カムライターオ


新着セールアプリ

『Final Fantasy III』
iPhone 1840円 → 860円、iPad 2080円 → 980円、Android 1840円 → 860円
2/28~3/2

 初めて「ジョブシステム」が登場した、RPGとしての評価が高いシリーズ3作目。
 フルリメイクされたニンテンドーDS版を高解像度化して移植しており、グラフィックは3Dになっている。
 Steam版の配信が開始され、それに合わせてスマホ版もアップデートが行われた。
 オープニングとギャラリーが追加され、BGMの音質が強化、オートバトルとクラウドセーブも付加されている。
 iOS版はiPhone用とiPad用が別アプリなので注意。
 Steam版も3/2まで50%OFF。


『Beat Cop』
iOS 610円 → 120円、Android 本体無料(フル版 430円)
2/25 追加

 ニューヨークのストリートで元刑事の警官が路上の車に駐車違反のキップを張りまくる、不良警官のパトロールシミュレーター。
 小役人的な業務を行うゲームだが、日々起こる事件への対応、反社会的組織との交渉、降格させられる原因となった殺人事件の捜査など、様々な活動も平行して行う。
 離婚した妻が養育費の取り立てに来るため、ときには賄賂などを受け取って、金稼ぎを行わなければならない。
 iOS版は今回が初セール、しかも最低価格。


『Predynastic Egypt』
iOS 610円 → 370円、Android 580円 → 290円
2/25 追加

 古代エジプトのさらに古代、エジプト文明誕生までの経緯を描いた歴史シミュレーションゲーム。
 『Civilization』に似たシステムで、探索した地域に労働者を配置して食料や工業力を獲得、近隣部族を統合して勢力を拡大していく。
 昨年4月のアップデートで日本語に対応した。


『This War of Mine』
iOS 1840円 → 250円、Android 1600円
2/25 追加

 戦渦に巻き込まれた民間人となり、飢えと寒さ、激化する戦闘と崩壊した治安という絶望的な状況の中で、仲間とともに生き残る方法を模索するサバイバル生活シミュレーション。
 数々の表彰を受けた作品で、新機種対応のアップデートも継続して行われている。
 派生作である短編『This War of Mine: Stories』も公開されたが、こちらは本編の方。最近セール多め。


『Lifeline…』 『Lifeline 2』 『Lifeline:サイレントナイト』
『Lifeline:ホワイトアウト』 『Lifeline:クライシス・ライン』
『Lifeline:フラットライン』 『Lifeline:無限の途中』
無限の途中以外 : iOS 250円 → 120円、Android 240円 → 120円
無限の途中 : iOS 370円 → 120円、Android 360円 → 120円
2/25 追加

 チャット形式で進行するテキストアドベンチャー。相手の質問に対し、二択で返答を行う。
 メッセージを送信後、相手が何かの行動を起こすときは、それが終わるまで待つ必要があり、しばらくするとSNSのように着信が来て話が再開する。
 新しい時代のテキストアドベンチャーとして2016年に話題になった。
 『Lifeline』、『Lifeline:サイレントナイト』、『Lifeline:無限の途中』は、同じ主人公による続編的ストーリー。
 『Lifeline 2』はハリーポッターのような世界観、『Lifeline:ホワイトアウト』は雪中遭難、『Lifeline:クライシス・ライン』は刑事もの、『Lifeline:フラットライン』はホラー。
 テキストチャットのゲームなので、見た目はどれも大差ない。
 昨年末のセールはiOS版のみだったが、今回のセールはAndroid版も対象となっている。

[ Lifeline… ]

[ Lifeline 2 ]

[ Lifeline:サイレントナイト ]

[ Lifeline:ホワイトアウト ]

[ Lifeline:クライシス・ライン ]

[ Lifeline:フラットライン ]

[ Lifeline:無限の途中 ]


『アルトのオデッセイ』

iOS 600円 → 120円、Android版は本体無料で広告・課金あり
2/25 追加

 ロングセラー作品『Alto’s Adventure』の続編。今回は砂漠が舞台。
 グラデーションが美しい印象的な風景の中をスノーボード(サンドボード?)で疾走するカジュアル・ランゲーム。
 前作も値下げされている。


『Pixel Cup Soccer 16』

iOS 370円 → 120円、Android 220円
2/25 追加

 優れた操作性を持ち、カジュアルに楽しめる南米発のファミコン風サッカーゲーム。
 海外で人気のアプリだが、データは4年前のリオオリンピックのもの。
 東京オリンピックに備えた値下げ?


『OTTTD: Over The Top Tower Defense』
iOS 610円 → 120円、Android 700円
2/25 追加

 倒した敵の破片で画面がグチャグチャに汚れていく、ルート固定型のタワーディフェンス。
 多様なヒーローユニットが存在し、その使い方がカギとなる。
 ゲーム自体は面白いが、この汚れっぷりは人によってはダメかも?
 海外では2019年5月にNintendo Switchにも移植された。(日本ではまだ未公開)

セール継続中のアプリ

『Carcassonne』
iOS 1220円 → 600円
1/20~2/29

 2001年に「ドイツ年間ゲーム大賞」と「ドイツゲーム賞」をダブル受賞した、タイルを並べていくボードゲーム『カルカソンヌ』のデジタル版。
 スマホのドイツゲーム系アプリの先駆けで、登場は2010年だが完成度が高く、今でも見劣りはしない。

 このアプリ(CodingMonkeys版)は契約の終了により、2020年3月1日を持って販売終了となる。
 ゲームはその後もプレイ可能だが、ストアからの入手はできなくなくなり、入れ替わりに現在AndroidやSteamで販売されているAsmodee版のカルカソンヌが公開される予定。


『Lost Cities』
iOS 490円 → 250円
1/20 追加

 1999年にライナークニツィア氏が公開した2人対戦のカードゲーム。
 同色で数字が大きいカードを出していくが、出した枚数が不十分だとマイナスになってしまうため、その色のカードはむしろ出さない方が良いというジレンマがある。
 2012年に登場した古いアプリだが、こちらもアップデートが続いていて今でも色あせない。
 ただ、ゲーム自体は比較的シンプル。


『SKYHILL』
iOS 370円 → 120円
2/10 追加

 ゾンビが徘徊するホテルの最上階から脱出するローグライクRPG。
 食糧を探して食いつなぎ、装備も自作しなければならないサバイバルゲーム。
 2018年にゲーム実況者による多くのプレイ動画が配信され、話題になった。
 しかしその後、なぜかAndroid版が削除され、iOS版とSteam版のみになっている。


『Valhalla Hills』
iOS 490円 → 120円(iPad 専用)
2/10 追加

 3Dでステージクリア型の開発RTS。かつて公開されていた『ザ・セトラーズ』の3D版と言える内容。
 バイキングに命令を出し、木や石材を集め、住居や施設を建設していく。戦闘もあるが、建設と加工の方がメイン。
 iOS版はiPad専用。立ち上がらないというレビューがあるが、iPad Pro(2017)で問題なく起動するのを確認。


『PAC-MAN CE DX』
iOS 610円 → 370円、Android 650円 → 330円
1/20 追加

 正式名は『パックマン チャンピオンシップ エディション DX』。
 タイムアタック制になった新世代のパックマンで、眠っているモンスターをわざと起こして大量に引き連れ、パワーエサからの逆襲で一網打尽にしてハイスコアを狙う。
 ステージクリアはなく、エサを一通り食べるとフルーツが登場するが、新たなエサが現れる。
 なお、オリジナルのパックマン(PAC-MAN)は、現在は無料アプリになっている。
 アメリカ生まれの『ミズ・パックマン』もセール中。


『Codex of Victory』
iOS 1220円 → 250円、Android 1080円 → 230円
1/20 追加

 戦闘ロボと軍事車両の混成部隊で、宇宙からやって来た侵略軍と戦いを繰り広げるSF戦略シミュレーション。
 大戦略/ファミコンウォーズ型のターン制SLGだが、XCOM風の基地開発シーンもある、コアゲーマー向けの内容。


『SteamWorld Heist』
iOS 1220円 → 610円
2/10 追加

 真横視点の銃撃戦が楽しめる、ターン制のシミュレーションRPG。ロボットの宇宙西部劇。
 細密なグラフィックと、障害物に身を隠しながら跳弾で敵を狙う、ユニークなシステムを持つ。
 古い西部劇映画のような演出と、雰囲気の良いBGMも特徴。Steam 版からの移植。


『Anthill』
iOS 610円 → 250円
2/10 追加

 アリがテーマのステージクリア型RTS。
 アリの移動ルートを指でラインを引いて指示し、働きアリでエサを集め、兵隊アリで襲ってくる敵を撃退する。
 かなり古いアプリだが、作りが良いので今でも楽しめる。アップデートで最新のiOSにも対応した。
 虫が苦手な人だと厳しいが……。

『Ultima Online』や『信長の野望 Online』、『シムシティ4』など、数々のゲームのファンサイトを作成してきた。
iPhone 解説サイト『iPhone AC』を経て電ファミニコゲーマーのお世話に。
シューティングとシミュレーションが特に好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧