【ゴールド殿堂STGがスマホに】Juicy Realm レビュー:フルーツ軍団を120以上の武器で撃退する人気の2スティック制ローグライク・シューティング

 人類に反逆を始めたフルーツ軍団を撃退する、SteamやSwitchで人気を博したポップでローグライクな全方向スクロールの2スティック制シューティングが、iOS/Androidでも公開されました。
 『Juicy Realm』です。

 2018年に様々な表彰を受け、ファミ通でも「ゴールド殿堂」になった作品。
 ランダム生成のダンジョンを攻略していく見下ろし型のシューティングで、豊富な武器と多彩なしかけ、ユニークなキャラクターが登場し、見た目と演出も豪華なゲーム。
 「ポップになった“アイザックの伝説”(The Binding of Isaac)」と言えば、ピンと来る人もいるでしょうか。

 Steamでは2018年5月に公開されましたが、当初はボリューム不足の声もあった模様。
 しかしアップデートでの改修が続き、2019年11月にはNintendo Switchでの公開を機に「Ver2.0」へとアップデート。キャラクターやボス、武器やスキルが多数加えられました。
 そして2020年5月、iOS/Androidも公開されるに至り、新キャラも先行追加されています。

 価格はiOS版370円、Android版320円
 Steam版は1010円、Switch版は1500円で販売されています。
 開発は中国のゲームスタジオ「SpaceCan Games」、公開は上海の「X.D. Network」です。

 左スティックで移動し、右スティックで攻撃+ショット方向を指示。ルーム内の敵を殲滅していきます。
 ただ、このゲームはオートエイムで、撃つだけで一番近くの敵を狙ってくれるので、右スティックでの方向指示は遠くの敵を狙ったり、敵以外のものを撃ちたいときに使用します。

 プレイヤーキャラが豊富に用意されており、耐久力のある少女ボクサー、復活可能な子供学者、バズーカを持つ女傭兵、フルーツ斬りのニンジャなど、固有のスキルを持った個性的な面々を選べます。
 ユニークな絵柄もゲームの魅力。

 タッチパネルだとダッシュ回避のボタンがやや押し辛いですが、ボタンの位置と大きさは調整でき、物理コントローラーにも対応
 操作性やインターフェイスは良好と言えます。

 フィールドは大小の部屋で区切られていて、敵をすべて倒せばとなりの部屋に移動できる形。
 マップ構成はプレイごとにランダムですが、ミニマップが表示されており、作りもそこまで複雑ではないため迷子になることはないでしょう。

 部屋の様子はバラエティーに富んでおり、アリジゴクや突風などの様々なトラップも。
 ショップやお宝ルーム、捕虜の部屋、ペット小屋、スキル販売、クジ引きなど、特殊部屋もたくさんあり、プレイごとに異なる展開を楽しめます。
 登場するボスも数種類の中からランダムに変化。

 武器は実に120種類以上も用意されており、使えないものも多いですが、どれもユニークかつ固有の演出を持っていて、試すのが楽しくなります。
 これに加えて跳弾や毒攻撃などの追加スキル、戦いを援護してくれるペット、キャラが強化されるバッジなどのアイテムがあり、どんな強化を得られるかもゲームごとに変わります。

風で動くトゲトゲブロック、乗ると遅くなるネバネバゾーン、撃つと壊れる氷の岩など、様々なオブジェが。
あまり動き回らない方が無難ですが、突進してくる敵もいるのでじっとしてはいられない。
細かい弾よけは要りませんが、ダッシュ回避は使い慣れておきましょう。
武器図鑑。同じ武器で敵を20体倒せば登録されます。これを埋めるのも大きな目標。
リボルバーやショットガンなどの銃火器もあれば、シャボン玉やトランペット、サイフや卓球など、どう見ても武器ではないものも。
何が強いのかを知ることが攻略の第一歩。いらない武器はボタン長押しで売却できます。
キャラ選択画面。最初は中央の段の4キャラのみ使用可能。
初心者はとりあえず、自動回復シールドのある「ポンポン」を使いましょう。
キャラの特徴と使い勝手の私見を文末に掲載しています。

 ローグライクのご多分に漏れず、やられると武器や追加スキル、ペットなどのアイテムを失って、最初のステージからリトライとなります。
 ただ、ボスを倒すことで「フルーツコア」と呼ばれる強化用の資金を得られ、これを使ってキャラの個性がより際立つ、永続的なパワーアップを獲得できます
 フルーツコアでキャラと武器を追加することも可能で、最初は苦戦すると思いますが、徐々にラクになっていくはず。

 全5ステージで、慣れればクリアはそこまで難しくないと思いますが、やり込み要素もしっかり備わっており、一度クリアすると「ハードモード」に挑戦可能に。
 「敵のHP50%アップ」や「弾が曲がりながら飛んでくる」といったデメリットを任意に追加でき、その分だけフルーツコアの入手量が上がります。

 そしてハードモードをクリアすると「ボスラッシュモード」も出現。
 多数のボスと中ボスが一斉に現れるこのモードをクリアすることで、ボスの攻撃を使用できる特殊武器をアンロックできます。

 また、iOS/Android版で追加された新キャラを含む一部のキャラクターは、デメリットを多数付けた状態でハードクリアしないと使うことができず、新たな目標となっています。

キャンプ地。ここで「筋トレ」してパワーアップしたり、キャラの切り替えやハードモードの選択を行えます。
筋トレによる強化は全キャラ共通ではないので、まずはメインにするキャラを決めて、重点的に鍛えましょう。
スキル画面。画面右上のバッグボタンで、入手したスキルはいつでも入れ替え可能です。
効果は日本語で書かれており、翻訳もバッチリ。
何が有効かは使用武器によります。例えば照準アップは、狙いがバラつく武器でないと意味がありません。
バッグ画面では全体マップも表示でき、それを通してクリア済みの部屋にワープできます。
ボスラッシュモードで2体のボスと同時にバトル!
このモードは最初に資金が与えられ、武器やスキル、ペットなどを専用ショップで買ってから出撃します。
ハードで星6以上のクリアを目指すなら、まずここでボス武器をできるだけ手に入れておきたいところ。
なお、通常モードでボスをノーミスで倒すと強化バッジを得られます。

 2スティック制シューティングの中ではトップクラスのクオリティを誇り、親しみやすいキャラと明るい雰囲気も良く、万人に勧められる作品。

 繰り返し遊べるローグライクのシステムなので、マルチエンディングやキャラ別のエンディングなどがあれば、さらにやり込めたのに…… とも思いましたが、そこまで言うのは贅沢でしょうか。

 丁寧に作られていて目立った欠点もなく、価格も安い、イチ押しのゲームです。

ちょこっと攻略

 初期キャラとフルーツコアでアンロックできるキャラの使用感を表記しておきます。
 あくまで私見ですが、どのキャラを入手して育てるかの参考にして頂ければと思います。

 アルファ:やられても1回復活できるが性能は平凡。豆砲台を置くスキルは強化しないと弱く、初期武器も最弱クラス。強化すれば豆砲台が強くなり、設置できる数も増えるが、晩成型。
 ポンポン:初期選択キャラにして、もっとも初心者向け。ダメージを無効化するシールドが一定時間ごとに回復し、リチャージの時間も短いので、連続でダメージを受けない限りHPが減らない。スキルの周囲攻撃も発動中は無敵なので緊急回避に使える。強化すれば弾消しも可能。
 エミ:スキル使用で攻撃が誘導弾となり、散弾系や狙いを定めづらい武器でも全弾当てられる。表記はないがクリティカル率も増大する。序盤はポンポンに次いで扱いやすいが、防御面の長所はなく、攻撃特化。
 トクラ:近接武器で敵を倒すとシールドがたまに増える。発動率は割と高いが、近接攻撃自体が上級者向けで、活用できるかは強い近接武器が手に入るかどうか次第。ダッシュできる回数が多く、リチャージも早いので回避に優れる。弱くはないがテクニカル。

 チャールズ:スキル説明が「狩猟犬を一時召喚」になっているが、実際には「所持しているすべてのペットのコピーを一時召喚」。ペットが多ければワラワラ呼び出せる。自身に目立った特徴は無いが、ダッシュできる回数が多く、機動力は高め。
 メイリン:追加キャラの中では一番おすすめ。パワードアーマーに搭乗でき、ダメージをアーマーが肩代わりしてくれる。アーマーが壊されてもしばらく経てばまた乗れるので、耐久力が非常に高い。搭乗中は攻撃速度とクリティカル率も上がる。ただし強化しないと搭乗中はダッシュできない。自ら降りるとアーマーの耐久力分だけ再使用までの時間が短縮される。
 パンダとバンブー:最大HPが高い。瀕死になると怒りマークが付いて攻撃力が2倍になるが、HPの高さと合っておらずチグハグ。スキルの凶暴化使用中は無敵で、攻撃はパンチになるが、突っ込んでラッシュできる。HPが1になると竹になってしまい、回復も凶暴化も不可に。そしてパンダには戻れない。当たり判定は小さくなるのでシールドがあれば粘れるかも……。
 リンゴマン:移動力とダッシュ回数に優れ、見た目によらず機動力がある。敵を倒すとたまにHPが回復するが、最大HPはそれほど高くない。スキルの使用で周囲のザコを魅了できるが、ボス戦ではほとんど意味がない。オーソドックスに戦うキャラ。

Juicy Realm

ポップでユニークなダンジョン探索アクションシューティング

(画像はJuicy Realm – AppStoreより)

・ローグライク2スティック制シューティング
・開発:SpaceCan Games(中国)
・公開:X.D. Network(中国)
・iOS版370円、Android版320円、Steam版1010円、Switch版1500円

文/カムライターオ

【あわせて読みたい】

【レビュー:アークナイツ】“アズールレーン”で知られるYostarの新ゲームはタワーディフェンス。そのゲーム内容とは?

著者
『Ultima Online』や『信長の野望 Online』、『シムシティ4』など、数々のゲームのファンサイトを作成してきた。
iPhone 解説サイト『iPhone AC』を経て電ファミニコゲーマーのお世話に。
シューティングとシミュレーションが特に好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧