信頼の先にある唯一の“愛”を描いた新作『囚われのパルマ Refrain』──新たに登場する彼・チアキを演じるのは石川界人! さらに櫻井孝宏、鈴木達央も!

1

2

彼へのタッチが楽しめる! ブース紹介とゲーム試遊レポ

 カプコン『囚われのパルマ Refrain』のブースは、最新作のキービジュアルが大きく掲げられておりインパクト大。さらに、“収容所施設”という作品感漂う作りになっていました。

 サイドには『囚われのパルマ』2周年を記念してキャラクターデザインを担当する実田千聖氏が描き下ろしたハルトとアオイのイラストも大きく設置されていました。

 ブース全面には『囚われのパルマ Refrain』の新たな彼のチアキが鉄格子の向こう側にいます。じつはこれ、デジタルサイネージという機械で表示されているとのこと。

 モニターの前に佇みチアキを凝視していると、スタッフの方から「触ってみてください」と声をかけていただきました。「えぇ、そんな……」と口ではなんだか恥じらいつつも、手はしっかりをタッチ&タッチ。すると、チアキが応えてくれました。

 大きなモニターに映し出された彼を前にすると、目の前に男性が存在し、実際に見つめられている感がハンパありません。
 なんと言いますか、彼の頭の位置が絶妙で「見上げている角度がリアルすぎて無理……」と、公衆の面前でありながらも顔が赤面していったのです。あわせて、心拍数も急上昇! 

『囚われのパルマ Refrain』をいざプレイ! 試遊レポート

 ゲームをはじめると、まずはキービジュアルが表示されます。そして、チアキという人物についてのプロフィール紹介へ。彼のひととなりを一読することで、チアキに対するイメージが広がっていきます。

 つぎに映し出されたのは、濃いオレンジ色の太陽の光が薄っすらとさしこむ空。海面は前後ではなく左右に揺れる船跡のような波が遥か向こうまで続いています。“残るものはなにもない、ただ跡形もなく消えていくだけ”となにやら、儚げ……。

 場面転換すると、人通りもなくどこか不気味さ漂う街角。「地面に何か落ちてる」と思ったら1冊の本……。そして、倒れている男性が……。彼の右手に巻かれている包帯が気になります。怪我をしているのでしょうか?

 次に映し出されたのは、見覚えのある場所。そう、前作『囚われのパルマ』でおなじみの、孤島にあるシーハイブグループの管理運営する収容施設ではありませんか。とはいえ、『囚われのパルマ Refrain』は前作より5年前のお話。新たな気持で物語を進めていきます。

 看守に促され保護室へ向かうと、部屋がずらりと並ぶ様子が映し出されます。このイラストは『囚われのパルマ Refrain』で初登場の背景イラストではないでしょうか。
 「3」の部屋と言われていたなぁと考えていると、扉の上に書かれてある「3」の数字がクローズアップされます。前作よりも画面上における視覚の動きが広がり臨場感とリアル感が増しています

 モニターの右下に手のマークが表示されると、ガラス越しのタッチが可能。トントンとモニターをタッチすると、寝ていた男性が起きこちらに気がついてくれました。彼の右手には包帯が……。

 画面の左下に“瞳マーク”が表示されたら、モニター画面が私の視線そのものに変化します。これが新要素として追加された“視覚移動”です。端末を左右に動かすと、彼のいる部屋を見渡すことができます。
 このモードは、彼の居住空間を堪能できて“じつに楽しい!” 「視線をはずしたら(フレームアウト)どんな反応をするのかな?」とモニターを動かし続けてしまいます……。
 視線が動かせるということは“私の気持ちが彼に伝えられる”ということ。あえて視線をはずしてみたり、ずっと見つめたり……。そのたびにどんな反応をしてくれるのか。楽しさが倍増します。

 『囚われのパルマ』といえば、プレイヤーの行動に「正解がない」のが特徴。もちろんガラスをタッチする操作も健在ですので、自分の思った通りに行動してみるのがよさそうですね。

 試遊が終わると、チアキのプロフィールと証明写真が配布されました。

 チアキと追うことになる“ある事件”の謎とは何か、そこで明かされる驚愕の真実とは……。チアキにはどんな秘められた記憶があるのか。まだまだわからないことだらけですが、現時点で明らかとなっているのは“ドラマチック恋愛サスペンスストーリー”というストーリー設定。

 新要素が追加されたことで、今まで以上に彼を見つめられ、さらに視線を移動させることで気持ちを伝えることも出来るようになりました。俄然、期待が高まります!

 

 スマートフォンのモニターという“どうしても超えられない壁”だった存在を、「ガラス越しの面会」と仕立て、モニター(=ガラス)があるからこそ、作品が成り立っているという驚きの手法で、女性向けアプリゲームを進化させ大人気となった『囚われのパルマ』。

 ついに最新作の『囚われのパルマ Refrain』が発表されました。これまでにも“VR面会”やカフェなど、さまざまな展開で、ファンを魅了し続けているシリーズだけに、最新作に加え、これから『囚われのパルマ』から何が飛び出してくるのか、まさに注目です。

『囚われのパルマ Refrain』

タイトル:『囚われのパルマ Refrain』
対応機種:iOS/Android
メーカー:カプコン
ジャンル:ガラス越しの体感恋愛アドベンチャー
配信日:未定
公式Twittetr:@Palm_capcom

©CAPCOM CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

【あわせて読みたい】

“女性向けゲーム”約20年の歴史とその分化や進化。はじまりの『アンジェリーク』からVR・ARまで【乙女ゲーム、BLゲーム、育成ゲーム】

1990年代に女性向けゲームが登場してから約20年……。コンシューマーゲームからスマホアプリまで。さらにはVRやARコンテンツも!

関連記事:

川上量生×GOROmanが語る「VRとAIがもたらす最適化された世界」とは?──仮想現実がディストピアになるほど人類は幸福になる!

夫(社長)の反対を押し切りVR筐体を開発!? 異例の社内ベンチャー設立経緯から世界平和の野望まで、“名物夫人(会長)”のゲームへの深い愛【コーエーテクモ:襟川恵子インタビュー】

著者
AAAからインディーズ、乙女・育成ゲーまで遊ぶゲームがないと生きていけない人。好みのイケメンキャラが死にやすい、乙女ゲームですぐバッドエンドに直行してしまうのが悩み。『Gamer』、『4Gamer』ほかで、IT/ビジネス系やサブカルなど幅広いジャンルの記事を執筆中。
著者
コスプレ雑誌の編集部を経て、電ファミ初の女性スタッフとなった編集者。乙女ゲームと育成ゲームをこよなく愛し、BLゲームを嗜んでいる。2.5次元舞台の観劇とコスプレ撮影が趣味。アニメに影響されフィギュアスケートを習っている。

1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧