自分の身体に彫った「コントローラー型タトゥー」でゲームをプレイする。AR技術を使って『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』を遊ぶ近未来なユーザーが登場

 Niantic『ポケモンGO』バンダイナムコ『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』のARフォトモードといった、拡張現実(AR)技術を使ったゲームがスマートフォンを中心にリリースされ続けている。

 そんなARゲームの技術を利用するため、自分の腕にゲームのコントローラー型タトゥーを彫った人物が登場した。Olo Sabandija氏はコントローラー型のタトゥーとスマートフォンを利用し、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』をプレイするデモンストレーション動画も公開している。ボタン入力にも対応しており、実際にゲームとして遊べるようだ。

※正確には3Dで再現された『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』のクローンゲーム。コントローラーの位置に合わせてゲームの表示される位置も移動するので、実際に腕の上にゲームが浮いているように見える。発売、配信などはされていない。

 ARゲームは現実の世界にコンピューターグラフィックスを重ねて描くという特性上、現実の座標を認識する必要がある。その方法にはさまざまな物があるが、一般的なものにはGPSを使った座標を使ったもの、空間を認識するもの、ARマーカーを使ったものなどがある。

 このタトゥーはARマーカーとして機能しており、その情報を利用してゲームを遊ぶことができる。ボタンは実際に押すのではなく、カメラからボタン姿が消えることがトリガーとなって入力と認識しているようだ。

(画像はOlo Sabandija氏のTwitterより)

 QRコードのタトゥーやARマーカーのタトゥーを彫る人はこれまでにも幾度か話題になったが、実際にゲームがプレイできるという先進的なタトゥーはほかに見たことがない。かなりハードルが高いが、ゲームを体に刻みつけたい人はOlo Sabandija氏の公式サイトをチェックしてほしい。来年1月にはこのタトゥーの詳細情報が公開される予定だ。

文/古嶋 誉幸

関連記事:

『ポケモンGO』開発のNianticが手がける新作ARゲーム『ハリーポッター:魔法同盟』の事前登録スタート、2019年に配信予定

実際に実現可能なの…? 2026年を描く『劇場版 ソードアート・オンライン』のARデバイスをエンジニアがマジで議論してみた【ドワンゴVR部】

著者
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ