30年前にお蔵入りになったゲーム、開発者が意地で完成へ。業界から15年離れていた作者のゲーム開発魂が再燃

 開発者のCosmiumことAndy Beale氏は、エイリアンの攻撃を退けながらクリスタルを集めるアクションゲーム『Quadron』をリリースした。itch.ioにて4.99ドルで販売されている。

 対象プラットフォームは48K ZX Spectrumで、これはイギリスで1982年にリリースされたホームコンピュータ。近ごろはファミリーコンピュータやコモドール64といったレトロゲームコンソール向けに開発される新作がいくつかあるが、『Quadron』は1986年から開発されていたものの完成間際にお蔵入りになってしまったというタイトルだ。30年の時を経てようやく発売へ至ったことになる。

 Beale氏がお蔵入りとなった『Quadron』を世に出そうと考えたのは、今年で本作が30周年を迎えたことに起因している。氏の投稿したプロフィールによれば、『Quadron』のソースコードは手元になかったが幸運にも開発当時のメモが残されており、それを元にコードを再構築し、バグを取り調整を加えていったという。

 海外メディアEurogamerのインタビューを受けた氏は、すでに倒産したパブリッシャーの意向により同作の発売が中止された当時の経緯も語っている。氏はその後もゲーム業界でさまざまなタイトルにたずさわったが、過労の問題や家族との時間を考えた結果、2002年に発売された『Dead to Rights』を最後にゲーム業界を一時離れた。

 しかし、近年のレトロゲーム人気に加え、2018年5月に発行されたRetro Gamer誌の181号で自身のことが取り上げられたのをきっかけに、ふたたびゲーム開発にチャレンジする気持ちになったそうだ。

(画像はitch.ioより)
(画像はitch.ioより)
(画像はitch.ioより)

 2002年発売の『Dead to Rights』を最後に15年以上ゲーム開発からは離れていたBeale氏だが、現在はゲーム開発への情熱がふたたび燃え上がっている。今回の『Quadron』を皮切りに、今後もZX SpectrumやZ80で開発した個人的なゲームや、出版社の意向でお蔵入りとなったほかのゲームの再構築も予定しているという。

 バーチャルコンソールでリリースされた北米版『マザー』である『EARTHBOUND BEGINNINGS』や、ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコンに収録された『スターフォックス2』など、お蔵入りとなったゲームが復活する例はいくつかある。だが、30年以上前に発売中止となった作品を作者がほぼ一から完成させるという例は稀有だろう。作者の情熱を糧に30年の時を経てリリースされた、“最新のレトロゲーム”をプレイしてみてはいかがだろうか。

文/古嶋 誉幸

関連記事:

プレイステーションとセガサターンも動作可能と謳うレトロゲーム互換機「Polymega」の予約販売がスタートへ。2019年4月に正式リリースを目指す

混沌の“レトロゲーム市場”に射す、29年ぶりに正規販売されるファミコン用タイトルという光──権利が放置されたビデオゲームが違法複製で流通する現実

著者
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros

関連
https://news.denfaminicogamer.jp/gamenewsplus/180119b
https://news.denfaminicogamer.jp/kikakuthetower/yoppy01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE 公認攻略Wiki
若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ