カプコンが2018年にMetacriticで最高評価を得たパブリッシャーに、『モンハン』の大旋風で業績も絶好調

 レビュー集積サイトMetacriticは、9回目となる年間パブリッシャーランキング発表した。ランキングは前年に12本以上の新作ゲームを発売した大手部門と、12本未満の中堅部門に別れており、カプコンが2018年にもっとも高いレビュー評価を得た大手パブリッシャーに選ばれた。人気シリーズの最新作『モンスターハンター:ワールド』の貢献が大きく、前回の5位から大きな躍進となった。

 カプコンが2018年に発売した単一タイトルは14作品。Metacriticの平均スコアは79.3点だった。中でも単一タイトルとしては初となる1000万本のセールスを達成し、同社の歴史上でもっとも売れたゲームとなった『モンスターハンター:ワールド』の評価が高く、90点というハイスコアを記録した。また、87点を記録した『ストリートファイターV: アーケードエディション』の存在感も大きい。2016年に発売された初版の77点から大きくスコアを伸ばしている。

(画像は『モンスターハンター:ワールド』公式サイトより)

 好調なのはMetacriticによるレビュー評価だけではない。カプコンは4日、2019年3月期第3四半期連結業績を発表した。前年同期から売上高が28.3パーセント増、営業利益が92.0パーセント増と、コンシューマ部門の成長により第2四半期に続いてすべての利益項目で過去最高益を達成した。前述した『モンスターハンター:ワールド』のほか、『ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション インターナショナル』『ロックマン11 運命の歯車!!』が順調に推移したことが功を奏したと、同社は報告している。

 『モンスターハンター』シリーズについては、Nintendo Switch向けに海外で発売された『モンスターハンターダブルクロス』が安定した人気に支えられ順調に伸長するなど、業績向上のけん引役を果たしたことにも触れられている。このほか、HDリマスター版としてマルチプラットフォームでリリースされた『鬼武者』も堅調な出足となったとしている。

 なお、先月末にPlayStation4/Xbox One/Windows向けに発売されたリメイク版『バイオハザード RE:2』も、Metacriticにて90点(記事執筆現在)という高評価を得ており、カプコンのさらなる躍進に大きく貢献することが予想される。

ライター/Ritsuko Kawai

関連記事:

カプコンの『ロックマン X アニバーサリー コレクション』が堅調な売り上げを記録。2005年に続編が途絶えた『X』シリーズの復刻作

カプコンの初代『鬼武者』がSteamとPS4/Xbox One/Nintendo Switchで発売決定。金城氏のボイス再録、カメラ視点調整など大改修を経て蘇る

ライター
Ritsuko Kawai
ライター・ジャーナリスト。カナダで青春時代を過ごし、現地の大学で応用数学を専攻。帰国後は塾講師やホステスなど様々な職業を経て、ゲームメディアの編集者を経験。その後、独立して業界やジャンルを問わずフリーランスとして活動。趣味は料理とPCゲーム。ストラテジーゲームとコーヒーが大好き。
 
Twitter: @alice2501
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE 公認攻略Wiki
若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ