リメイク版『クラッシュ・バンディクー』が2年越しで1000万本の売上を突破、Switch版の発売で人気再燃

 Activision Blizzardは現地時間の2月12日、2017年7月発売のクラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!』が、2年足らずで1000万本のセールスを突破したことを、2018年度の第4四半期決算短信の中で明らかにした。

 『クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!』は、1996年から1998年にかけてPlayStation向けに発売されたアクションゲーム『クラッシュ・バンディクー』、『クラッシュ・バンディクー2 コルテックスの逆襲!』、『クラッシュ・バンディクー3 ブッとび!世界一周』の3部作を、ひとつにまとめたリマスタータイトル。当時の開発コードを再利用できなかった事情から、キャラクターやステージのモデリングは完全に作り直されており、厳密にはリマスター版というよりはリメイク版と表現する方が相応しい。

(画像はSteam | 『Crash Bandicoot N. Sane Trilogy』より)

 当初はPlayStation 4専用タイトルだったが、1年後の2018年6月にSteam、Xbox One、そしてNintendo Switchでも発売された。これによりノスタルジックな人気が再燃。当時のUKチャートでは8週連続で売上トップに君臨するなど、90年代後半に子どもたちを夢中にさせたクラッシュブームが20年ぶりに巻き起こった。その功績が今期の決算で実を結んだ形だ。

 Activision Blizzardに関しては、2018年における純利益が75億ドルと過去最高を記録する一方で、営業活動によるキャッシュフローは過去1年で大幅に減少しており、本業のゲーム開発事業の先行きに陰りが見え始めていることも事実。先日には、主要フランチャイズの開発規模を拡大する目的で、ゲーム開発に直接携わっていない800人近くの従業員を解雇する意向を明らかにした。

ライター/Ritsuko Kawai

関連記事:

「ゼノブレイド」高橋哲哉 ×「ペルソナ」橋野桂:対談──作家性とは何か? 世界で評価されるJRPGの旗手が掲げる美学をめぐって

Activision Blizzardが従業員の8パーセントに当たるおよそ800人を解雇へ、看板タイトルに注力するため

ライター
Ritsuko Kawai
ライター・ジャーナリスト。カナダで青春時代を過ごし、現地の大学で応用数学を専攻。帰国後は塾講師やホステスなど様々な職業を経て、ゲームメディアの編集者を経験。その後、独立して業界やジャンルを問わずフリーランスとして活動。趣味は料理とPCゲーム。ストラテジーゲームとコーヒーが大好き。
 
Twitter: @alice2501
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧