実写映画『ソニック・ザ・ムービー』で話題を呼んだ主役ソニックのデザイン変更を発表。監督のツイートから明らかに

 先日お披露目されるやいなや、原作と大きく剥離した主役のビジュアルにより話題を呼んだ映画『Sonic The Hedgehog』(邦題『ソニック・ザ・ムービー』)だが、監督を務めるジェフ・フォーラー氏が、ソニックのデザインを変更する動きがあることを明らかにした。

 ジェフ・フォーラー氏は自身のツイッターアカウントで、「サポートありがとうございます。そして批判も。メッセージははっきりしています。それはみなさんがデザインに満足しておらず、変更してほしいということです。それは起ころうとしています。パラマウントとセガは、このキャラクターを最高のものにすることに全力を尽くしています。」と述べている。

 ただし、監督のジェフ・フォーラー氏はこのように発言しているが、記事執筆時点では、映画の公式ツイッターアカウントやパラマウントピクチャーズから正式な発表は出ていないことは留意しなければならない。

(画像はYoutube 「Sonic The Hedgehog (2019) – Official Trailer」より)
(画像はYoutube 「Sonic The Hedgehog (2019) – Official Trailer」より)

 ファンのよく知るソニックの姿と大きく異なるプロポーション、離れた目、手袋の代わりの白い毛皮といった映画ソニックの姿は、大きな批判を集めていた。アップボート28万に対しダウンボート48万、さまざまな人びとの手で映画ソニックの見た目を修正した絵が好評を博するなど、制作陣を動かすには十分なメッセージになったのかもしれない。

 とはいえ、北米での公開が11月と残り半年の土壇場でのこの動きは、あまり現実的では無いように思える。3Dモデルだからといって、ゲームのMODのようにモデルを差し替えればすぐに映像が仕上がるようなものではないからだ。映画のためのCGを1フレームレンダリングする時間は、映像にもよるが10時間以上かかることもよくあることだ。

 『Sonic The Hedgehog』は、『ソニック・ザ・ムービー』として日本での公開も決定した。公開時期は2019年12月となっている。果たして、映画『Sonic The Hedgehog』はどのような形で公開されるのか。今後の動向に注目したい。

ライター/古嶋誉幸

関連記事:

実写映画版『ソニック・ザ・ムービー』の映像が公開。手足が伸び大変貌を遂げたソニックとジム・キャリー演じるエッグマンがお披露目

とある山道にある「三重県のソニック」の謎。海外ファンのあいだで「なぜ?」と話題、保全を願う声強まる

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧