PS4、Switch版『Everything』の発売日が2月13日に決定。微生物から動植物、素粒子から銀河系まで、なんにでもなれる森羅万象ゲーム

 PLAYISMは、『Everything』の日本版発売日を2月13日と発表した。プラットフォームはPS4、Nintendo SwitchSteam。価格はそれぞれ1480円。Steamは同日に日本語版にアップデートされる。
 本作は山になるゲーム『Mountain』で注目を集めたアイルランドのアーティストであるデヴィッド・オライリー氏が制作した、なんにでもなれるゲームだ。

 本作の舞台は、生態系こそシミュレートされているわけではないが、さまざまなものが息づいていることを感じさせる世界だ。AIによって自動生成されており、動物は群れをなして動いている。ゲームは単純な動きのアニメーションを採用しており、生き物は転がるように動いている姿はシュールさを感じさせる。

 プレイヤーはそこで素粒子から微生物、動植物、石、樹木、さらに建物といった無機物や構造物、島や大陸、惑星や銀河系まで、さまざまなものに乗り移って操作することができる。実はゲームの目的そのものはこれといってない。それぞれスケールが違うものに乗り移ることによって、見えている世界がシームレスに、そしてダイナミックに一変することを楽しむゲームなのだ。

 乗り移ったものはメニュー画面の図鑑に追加されていくので、コンプリートを目指してもいいし、それともほとんど操作せずに世界がどのように変化するのを眺めるのもよいだろう。ちなみに、乗り移ったもの中にはイギリスの哲学者アラン・ワッツのナレーションが再生されるものもあり、思索に誘ってくれる。いわば「瞑想ゲーム」ともいえそうな、何とも不思議な味があるのが本作である。今回、ただでさえ難解なアラン・ワッツのナレーションが日本語化されるのは朗報といえそうだ。

(画像はMy Nintendo Store『Everything』より)
(画像はMy Nintendo Store『Everything』より)
(画像はMy Nintendo Store『Everything』より)
(画像はMy Nintendo Store『Everything』より)
(画像はMy Nintendo Store『Everything』より)

 実は本作には、素粒子よりさらに小さな世界、そして宇宙の外側の世界まで表現されている。まだ現在の人類には未知の領域だが、ゲームではそれがどのように表現されているのか。それは実際にプレイしてみて確かめてみて欲しい。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧