日本語版『Everything』がスイッチ/PS4/Steamにて同時発売。アカデミー賞の短編アニメーション部門にノミネートされた実績を持つアートゲームの傑作

 PLAYISMは、シミュレーションゲーム『Everything』の日本語版を、2月13日(木)にNintendo SwitchPlayStation 4Steamにて同時発売したことを発表した。希望小売価格は1480円(税込)。

 『Everything』は、アイルランド出身のアーティストであるデヴィッド・オライリー氏が開発し、2017年にSteamにて発売した作品。本作は、オライリー氏がゲームというツールを用いて現実世界のシミュレーションを試みた結果に生まれた実験作である。

 本作では目に入る全てのモノ、動物、惑星、銀河、何から何までをすべてプレイアブルキャラクターとして操作可能だ。目的やスコアなどはなく、さまざまな視点を切り替えて世界を探求する一方で、何もせずに世界を観測するドキュメンタリーとして楽しむこともできる。

 自動生成、かつAIでシミュレートされた『Everything』の世界は、あらゆるユーザに困惑と称賛の目で迎えられた。そして、2018年の「第90回アカデミー賞」(オスカー)では、ゲーム作品でありながら、短編アニメーション部門で本作がノミネートされており、メディアアートとして高い評価を受けている。

 日本語版に関しては、Steamでのリリースから2年以上対応されていなかったが、PLAYISMが日本語ローカライズを担当したことで今回の実現に至った。なお、すでにSteam英語版を購入済のユーザーも、ゲームのアップデートを適用すれば日本語字幕を利用可能だ。

 すでにプレイヤーの人やそうでない人も、哲学者であるアラン・ワッツ氏の言葉とBen Lukas Boysen氏作曲の楽曲に導かれ、この不思議で美しい世界で、生命に対する新たな視点を見つけてみてほしい。

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧