『ウィッチャー』シリーズの世界累計販売本数が5000万本を突破。ドラマなどの要素が大きく貢献、売上高は前年同期比で2.5倍以上に

 ポーランドのゲーム開発会社であるCD Projektは、同社グループにおける代表作といえる『The Witcher』シリーズの世界累計販売本数が5000万本を突破したことを発表した。

 『The Witcher』シリーズはアンドレイ・サプコフスキ氏による小説を原作とする3部作のロールプレイングゲーム。今回の発表は2020年第1四半期における決算報告の中で発表されたもので、CD Projektグループ全体での2020年第一四半期における総売上高は約51億5600万円に達した。この金額は前年度の同期と比べて2.5倍以上の記録で、約24億5800万円の利益を計上。売上、純利益ともに第1四半期ではグループ史上最高の金額となった。

 この結果に大きく貢献しているのは、最初の発売から5周年を迎えた『ウィッチャー3 ワイルドハント』である。2019年10月にはNintendo Switch版が発売されたほか、2019年末に映像ストリーミングサービスのNetflixで開始されたヘンリー・カヴィル主演のドラマシリーズプレイヤー数同時接続人数などさまざまな記録を打ち立て、ゲームだけでなく原作小説の売上も伸ばすひとつの要因となった。

 2020年3月にリリースされた『グウェント ウィッチャーカードゲーム』のAndroid版や同年1月にNintendo Switch版を発売した『奪われし玉座:ウィッチャーテイルズ』も業績へ影響した要因として挙げられるが、一方で移動制限や外出自粛など、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響によりビデオゲームの人気が高まった点も推測として語られている。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧