『テクテクテクテク』の生みの親である麻野一哉氏が同作の復活を予告、中身やタイトルを変更し「暑いうちに出したい」と表明

 ゲームクリエイターである麻野一哉氏が、サービスが終了した位置情報ゲーム『テクテクテクテク』の復活についてTwitter上で言及。現在、リニューアル版を開発中であることを明かし、中身やタイトルなどが変更されたものを「暑いうちに出したい」と明らかにした。

麻野一哉氏
 1年前の本日、「テクテクテクテク」はサービスを終了しました。それから、復活をめざして準備を進めてきましたが、そろそろ形になってきました。見た目はあまり変わりませんが、中身は割と変えました。タイトルも少し変えました。暑いうちに出したいと思っています。もうしばらくお待ちください。

 『テクテクテクテク』は、ドワンゴが2018年11月29日から配信していたスマートフォン向けのアプリで、位置情報ゲームとRPGと塗り絵を組み合わせたシステムが特徴的だった。ゲーム内でプレイヤーは、自身がいる周辺の街の区間を塗り絵のように塗りつぶしていく。

 こうした街の区間からはモンスターが出現し、バトルで勝つことによって経験値や素材を入手することができる。そうやってレベルを上げつつ装備を製作・購入して、キャラクターを成長させて強くしていき強ボスと戦いつつ、最終的には日本全土を制覇していくのが目標だ。

(画像はGoogle Play『テクテクテクテク』より)
(画像はGoogle Play『テクテクテクテク』より)
(画像はGoogle Play『テクテクテクテク』より)
(画像はGoogle Play『テクテクテクテク』より)

 ゴジラ、キズナアイ、エヴァンゲリオン、さらには歌手の小林幸子さんまで、さまざまなコラボを行い注目を集めた本作だったが、サービス継続を維持できる収益が見込めないと判断され、約半年間でサービスが終了することが当時は告知された。

 しかし、開発チームは、サービス終了することが決まった直後に、後継作品のリリースを目指すことを表明。引き継ぎの手続きを行った人には、プレイデータの一部の引き継ぎ、もしくはプレイ進度に応じた報酬の付与などを検討していると、その時点では明かしていた。

 しかし同時に「データの引継ぎを行わない(行えない)場合もございます。恐れ入りますが、あらかじめご了承ください。」とも伝えられ、実際に引き継げるかどうかは不透明だった。

『テクテクテクテク』が6月17日をもってサービス終了。開発チームは引き継ぎを行える後継作品を目指す

 麻野氏のツイート内容からすると、見た目はあまり変わらないものの、中身やタイトルは変更され、同作は装いも新たに登場するということなのだろう。

 以前に触れていたプレイデータの引き継ぎはあるのか気になるところだが、そもそも本当に後継作品のリリースがあるのかどうか、これまで不透明だったため、新装版『テクテクテクテク』が実現するという続報だけでも、ファンにはとっては朗報だ。新たな『テクテクテクテク』の動向には、これから注目したい。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧