「Flashゲーム」のみ対象のRTAイベントが12月12日から開催へ。サービス終了前に『くまのプーさんのホームランダービー!』や『QWOP』『人生オワタの大冒険』など早解きへ

 日本最大のリアルタイムアタック(RTA)イベント「RTA in Japan」の公式Twitterアカウントは、「Flashゲーム」のみを対象としたRTAイベントが明日から開催されると告知した。

 スケジュールは12月12日(土)の12:25から17:15、さらに12月13日の12:30から19:33までを予定している。「RTA in Japan」が主催ではなく、貸し出しコミュニティイベントとして実施される予定で、その模様はこちらのTwitchチャンネルや公式Twitterアカウント「Flashお別れRTA会」でチェックすることができる。

 「Adobe Flash Player」は、20年以上にわたりAdobe社が提供してきたアニメーションやゲームを動作させるための規格だ。とくに2000年代ごろ、Webサイト上で動画を再生したり動きを表現するために使われたほか、ブラウザ上でゲームをプレイするために採用され、それらの作品群は「Flashゲーム」というひとつのジャンルとなるほどの人気に至った。

 しかし、2020年12月31日に同規格のサービス終了が発表されており、自身で保存などしなければ「Flashゲーム」はもうプレイできない時が刻々と近づいている。海外ではFlashの代替えとなる規格の開発や、Flash作品の保存プロジェクトも始動している(参考記事)。

 今回の「Flashお別れRTA会」は、そんな「Flashゲーム」が終焉する前にRTAする試みとなっている。一番最初のタイトル『くまのプーさんのホームランダービー!』は、2008年にリリースされた作品で、その高い何度がインターネット上で話題となりミームと化した作品だ。
 同じくRTA対象となっている『オワタの大冒険2』は、今年8月にリリースされた最新作。かつて人気だった理不尽な高難度2Dアクションゲームの続編で、令和最初で最後のFlashゲームとして話題になった(参考記事)。

 このほか、5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)のAAキャラクター「やるお」を主役にした『やるおクエスト7』、少女のスナイパー狙撃を描く『マテリアルスナイパー』、ぐにゃぐにゃと動く両腕と両足を4つのキーだけっで制御する『QWOP』など、当時Flashゲームをプレイしていた者にとっては懐かしい作品ばかりがRTA対象となっている。

 おそらく日本においては最後となるFlashゲームRTAイベント、興味のある方はぜひ見逃さないようにしよう。


文/ishigenn

編集
ニュースから企画まで幅広く執筆予定の編集部デスク。ペーペーのフリーライター時代からゲーム情報サイト「AUTOMATON」の二代目編集長を経て電ファミニコゲーマーにたどり着く。「インディーとか洋ゲーばっかりやってるんでしょ?」とよく言われるが、和ゲーもソシャゲもレトロも楽しくたしなむ雑食派。
Twitter:@ishigenn
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ