対戦アクションゲーム『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』に学園パロディ漫画「キメツ学園」の面々がまさかの参戦。コミカルな竈門炭治郎、竈門禰豆子、冨岡義勇が登場へ

 アニプレックスは、対戦アクションゲーム『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』のバーサスモードに、竈門炭治郎、竈門禰豆子、冨岡義勇(キメツ学園)が参戦することを発表した。あわせてトレイラー「キャラクター紹介映像13・キメツ学園(竈門炭治郎・竈門禰󠄀豆子・冨岡義勇)」が公開されている。

 『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』は、テレビアニメ『鬼滅の刃』を原作とした対戦アクションゲーム。ふたつのプレイモードが楽しめる本作では、テレビアニメ『鬼滅の刃』をベースにしたストーリーを追体験できるソロモードのほか、さまざまなキャラクターの中から2キャラを選んでチームを組み、オフラインまたはオンラインで対戦が可能なバーサスモードが収録されている。

(画像はYouTubeより)
(画像はYouTubeより)
(画像はYouTubeより)

 竈門炭治郎、竈門禰豆子、冨岡義勇の3名はいずれもすでに登場が決定していたが、今回は新たに『鬼滅の刃』作者の吾峠呼世晴氏による公式スピンオフ作品『キメツ学園』バージョンでの参戦が発表された。

 竈門炭治郎は礼儀正しくも「父の形見のピアス」は校則違反でも外すことがない頑固な少年、竈門禰豆子は信じられない程に朝起きられないフランスパンをくわえた少女、冨岡義勇は指導がスパルタすぎる体育教師として、それぞれがキメツ学園の装いと奥義で躍動する。

 スピンオフ作品ならではのコミカルなアクションが印象的なトレイラー映像は、本作の開発を手がけるサイバーコネクトツーによるゲーム内3Dモデルを元に作成されている。

 『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』は2021年に発売が予定されており、対応プラットフォームはPlayStation 4、PlayStation 5、Xbox One、Xbox Series X|S、Steamとなっている。

ライター/dashimaru

ライター
フリーランスの翻訳者を経て、2021年6月より編集アシスタントとして加入。
京都の町屋で猫と暮らしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ