無数のエイリアンと戦う4人協力型FPS『The Anacrusis』発表。『Left 4 Dead』の脚本家がゲーム開発参加する、レトロフューチャーな世界を舞台にしたコメディタッチの作品

 アメリカ合衆国シアトルに拠点を置くゲーム開発会社Stray Bombayは、4人協力型FPS『The Anacrusis』を発表した。今秋発売予定で日本語には未対応。対応プラットフォームはXbox One、Xbox Series X|S、PC(Steam、Epic Games Store)。また、Xbox Game Passでもプレイ可能となる。

 『The Anacrusis』は銀河の果てで立ち往生した宇宙船で、4人力を合わせてエイリアンの攻撃から生き延びる協力型FPSだ。AIディレクター(本作ではAIドライバーと呼ばれる)がエイリアンから武器、アイテムの登場までを制御するので、何度も繰り返して遊べる。

 レトロフューチャーな世界で、レトロなSF武器を使って無数のエイリアンと戦う。レーザー銃や敵のスピードを遅くするステイシスグレネード、シールドグレネード、味方を復活させるリスポーナーなど、さまざまな武器とガジェットが登場する。

 キャラクターはアップグレード可能で、プレイ方法を変化させる数十もの特典をアンロックできる。

 シーズン制を導入しているようで、シーズン1は「ネッサ」、「ギオン」、「リウ」、「ランス」の4人の生存者の物語が描かれる。プレイすればするほど、エイリアンの攻撃の謎に迫ることができる。

 ゲームプレイ映像を見ての通り『Left 4 Dead』から強い影響を受けている。本作を開発するStray Bombayは、Valveで『Half-Life』や『Left 4 Dead』シリーズの脚本を手がけたチャット・ファリゼク氏と、Riot Gamesでゲームデザイナーを務めたキンバリー・ヴォル氏のふたりが立ち上げたスタジオだ。

(画像はSteam『The Anacrusis』より)
(画像はSteam『The Anacrusis』より)
(画像はSteam『The Anacrusis』より)
(画像はSteam『The Anacrusis』より)

 ゲームはModにも対応。Modの開発を含めゲームについては、公式Discordが用意されているので、ゲームに興味があればそちらに参加してほしい。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ