対戦カードゲーム『遊戯王マスターデュエル』映像が初公開。戦略が重要な「マスタールール」のオンライン対戦を各種家庭用ゲーム機/Steam/iOS/Androidで楽しめる

 コナミデジタルエンタテインメントは、7月20日(火)夜配信の映像番組「Yu-Gi-Oh! Digital Next」にて、遊戯王OCG/TCG【※】をオンライン上で楽しめる公式デジタルゲーム『遊戯王マスターデュエル』の映像を初公開した。本作はPS5とXbox Series X|Sをはじめ、PS4、Xbox One、Nintendo Switch、PC(Steam)、iOS、Android向けに基本プレイ無料(アイテム課金制)で登場予定だ。

【※】OCG/TCG:オフィシャルカードゲーム/トレーディングカードゲームの略。互いにレギュレーションや流通するカードに違いがあり、OCGは日本を含むアジア圏で展開される一方、TCGは欧米などの地域で流通している。

 2020年12月に発表された『遊戯王マスターデュエル』は、集英社の雑誌「週刊少年ジャンプ」で連載されていた高橋和希氏の漫画『遊☆戯☆王』を原作とする新作タイトルである。本作では、40枚から60枚までのカードを使用する「マスタールール」と呼ばれるルールでオンライン対戦を楽しめる。なお、iOSとAndroidおよびPC向けには『遊戯王 デュエルリンクス』も配信中だが、こちらは20枚から30枚のカードを使用する「スピードデュエル」ルールが採用されており、本作とはルールが異なる。

 発表によると、本作はシリーズのビデオゲーム作品で初の4K解像度へ対応予定だという。また、作中ではさまざまなレギュレーションの大会が開かれるほか、世界大会「Yu-Gi-Oh! World Championship」の正式種目にも採用されるようだ。

 配信日などの詳細は明らかとなっていないため、興味があれば作品公式サイトや遊戯王OCG公式Twitterアカウント(@YuGiOh_OCG_INFO)から続報をチェックしてみてほしい。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ