『Ghost of Tsushima Director’s Cut』で新たに追加される動物は「猫」、さらに「鹿」「猿」も登場。好きなだけ撫でることが可能

 サッカーパンチプロダクションズは、8月20日(金)に発売する『Ghost of Tsushima Director’s Cut』に、新しく追加される動物は「猫」であることを明らかにした。また「鹿」「猿」も追加されるという。

 『Ghost of Tsushima Director’s Cut』は、2020年に発売された『Ghost of Tsushima』に新規要素が追加されたPS4、PS5向け時代劇オープンワールドゲーム。新エリア「壹岐」(壱岐)を舞台に新しい物語「壹岐之譚」がつむがれる。PS5版ではリップシンクの強化、ロード時間の短縮、4K解像度に対応する。

(画像はTwitterより)
(画像はTwitterより)
(画像はTwitterより)

 本作の発表時に「新しい野生動物」が追加されると発表されていたが、今回それが「猫」、「鹿」、「猿」であることが明らかに。

 これらの動物は、それぞれの生息エリアがあるようで、その場所を訪れると出会うことができるようだ。「猿」の場合、地元の温泉にも出没することがあるとのこと。主人公が笛を吹いてメロディーを奏でると懐かせることが可能で、いつまでも撫でることができる。

 7月19日に結果が明らかになった『Ghost of Tsushima』のキャラクター人気投票では、「狐」が2万2182誉(票)を獲得して1位になった。今回、発表された動物たちが狐のように何かのクエストに関係してくるのかは不明だが、本作に愛くるしい新しい魅力を振りまきそうだ。

 『Ghost of Tsushima Director’s Cut』は8月20日(金)に発売予定だ。

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter: @fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ