シリーズ最新作『セインツロウ』の日本国内版が2022年2月25日に発売決定。豊富なカスタマイズ性と激しいアクションが魅力のクライムアクションゲーム

 コチメディア株式会社はシリーズ最新作『セインツロウ』を国内に向けて2022年2月25日(金)に発売すると発表した。
 あわせて、日本語字幕付きのアナウンストレーラー開発者トレーラーも公開されている。

 本作は初代『Saints Row』のリブート版として制作されているオープンワールドアクションゲーム。アメリカ南西部の架空の都市「サント・イレソ」を舞台に、プレイヤーは未来のボスとして犯罪集団「セインツ」を率い、この世界の頂点へと成り上がっていく。
 アクション犯罪ユーモアといったシリーズの特徴を継承しつつ、シリーズに触れたことのないプレイヤーにも楽しめるようデザインされているとのことだ。

 ゲーム中では激しい銃撃戦やスリルあふれるカーチェイスなど、『セインツロウ』シリーズらしい常識外れのイベントが多数用意されている。プレイヤーは一般的な武器からシリーズ特有のエキゾチックなものまで、多種多様な装備品を用いたワイルドなアクションが行える。

シリーズ最新作『セインツロウ』の日本国内版が2022年2月25日に発売決定。豊富なカスタマイズ性と激しいアクションが魅力のクライムアクションゲーム_001

 キャラクターや武器、車両のカスタマイズ要素も充実。自分好みのカラーリングやオプションで、理想のボスと車、仲間までもがデコレーションできる。

 本作は2022年2月25日(金)に発売予定。対応プラットフォームはPS4、PS5、Xbox One、Xbox Series X|S、PC(Epic Games Store)となる。
 本日10月1日より予約の受付を開始し、初回封入特典として特別な装備品が含まれる「アイドルアナーキーパック」が登場。さらに、PS4、PS5向けのパッケージ版ではグッズ同梱の豪華版「ノートリアスエディション」も数量限定で販売されるとのことだ。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ