2025年の大阪・関西万博へ『機動戦士ガンダム』を軸としたパビリオンが出展されると明らかに。バンダイナムコグループが“もうひとつの宇宙世紀”をテーマに壮大な実証実験を展開

 バンダイナムコホールディングスは、2025年に開かれる日本国際博覧会(大阪・関西万博)へ『機動戦士ガンダム』を軸にしたパビリオンを出展すると発表した。

2025年大阪・関西万博への『ガンダム』パビリオン出展が明らかに_001
『ガンダムパビリオン(仮称)』キービジュアル

 発表によると、2025年の大阪・関西万博に出展する「ガンダムパビリオン」では“もうひとつの宇宙世紀”をテーマに、未来の社会における課題の解決に向けた壮大な実証実験を展開。人と人のつながりによる「共創」の実現や『機動戦士ガンダム』が示す未来の可能性、そしてリアルとバーチャルの連動による体験を構想イメージに組み込んでいるという。

 詳細は明らかとなっていないため、続報を待ちたい。

プレスリリースの全文は以下のとおり。


2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)『ガンダムパビリオン(仮称)』構想概要発表!

~「機動戦士ガンダム」による未来社会の課題解決に向けた実証実験~

株式会社バンダイナムコホールディングスは、2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)へパビリオン出展を行います。この度、パビリオン出展構想概要がまとまりましたので、以下のとおりお知らせいたします。

バンダイナムコグループは、パーパス「Fun for All into the Future」を掲げ、IP(※)を軸とし、世界中のIPファン、あらゆるパートナー、グループ社員、そして社会とつながる姿を目指しています。

今回の2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)では、バンダイナムコグループの自社IPである「機動戦士ガンダム」を軸に、「もうひとつの宇宙世紀」を舞台に、未来社会の課題解決に向けた壮大な実証実験を行う『ガンダムパビリオン(仮称)』を出展いたします。

「機動戦士ガンダム」は、1979年のTVアニメーション放送から40年以上にわたり映像作品や商品・サービスなどを通じてファンとつながり続けることで、IPの価値を向上させてまいりました。

また、「機動戦士ガンダム」を通じて社会問題を考えるサステナブルプロジェクト「GUNDAM UNIVERSAL CENTURY DEVELOPMENT ACTION (GUDA)」を立ち上げるなど、IPからSP(社会的アイコン)への成長を目指し、さまざまな社会的課題への取り組みを行っております。

今後は、2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)の成功に向けて、『ガンダムパビリオン(仮称)』の具体化 および 準備を進めてまいります。

【『ガンダムパビリオン(仮称)』構想概要】

・未来社会の課題解決に向けた実証実験
・人と人のつながりによる「共創」の実現
・「機動戦士ガンダム」が示す未来の可能性
・リアルとバーチャルが連動した未来体験

(※)Intellectual Property:キャラクターなどの知的財産

*プレスリリースの情報は、発表日現在のものです。発表後予告なく内容が変更されることがあります。あらかじめご了承ください。


ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。 コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ