『VRChat』や「Unity」にも対応するソニーの小型モーションキャプチャー「mocopi」2023年1月下旬に発売決定。重量約8グラムと軽量でスマホにBluetooth接続するだけで使用可能

 ソニーは、同社の独自技術を用いた、小型で軽量なモーションキャプチャーデバイス『mocopi(モコピ)』を発表した。価格は4万9500円(税込)で、2023年1月下旬の発売を予定している。

 センサー本体とスマートフォンのみで、モーションキャプチャーやVRシステムへのリアルタイムなモーション入力が実現可能となる。

 モーションキャプチャーなどのシステムは、ハリウッド映画や、VTuberの台頭によって一般的なものになってきてはいるものの、自動車が買えるような金額を超えるシステムに個人で投資をおこなうのは難しかった。

 VRヘッドセットの普及などにより、HTCが展開する「HTC Vive Tracker」や、Shiftallによる「HaritoraX」といった、体の動きをトラッキング(追跡)するためのシステムは存在しており、一般ユーザーへの導入に一役買っていた。

ソニーが約8グラムの小型モーションキャプチャーシステムを発表_001
(画像は『VIVEトラッカー 3.0』 製品ページより)
ソニーが約8グラムの小型モーションキャプチャーシステムを発表_002
(画像は『HaritoraX』 製品ページより)

 既存メーカー各社も対策を講じてはいたものの、装着のわずらわしさや、センサー本体を追跡するために別途専用ハードウェアが必要になる製品も多く、一部のユーザーにとって本格的に導入するまでの壁がある程度存在していたのも事実だ。

 今回発表された『mocopi』は、その点を大きく解消した直径32mm、厚さ11.6mm、重量8グラムの小型センサーをマジックテープ式のバンドや、クリップで6箇所固定し、スマートフォンとBluetoothを使用して接続するだけで利用可能となる。

ソニーが約8グラムの小型モーションキャプチャーシステムを発表_003
(画像は『mocopi』ニュースリリースより)

 大きなヘッドセットや電源などは必要なく、PCも不要で利用可能なことから、屋外での利用も可能とされている。

ソニーが約8グラムの小型モーションキャプチャーシステムを発表_004
(画像は『mocopi』ニュースリリースより)

 また、『mocopi』は、モーションキャプチャーシステムとしての利用方法のひとつとして、ソーシャルVRゲーム『VRChat』に対応するほか、「Unity」「MotionBuilder」といったソフトウェアへの対応も発表されている。

 モーションキャプチャーという画期的な技術に対して、入門ハードウェアとしてだけでなく、小規模の制作チームなどが利用しやすい環境づくりがおこなわれることが期待できる。

 とくに『VRChat』などのソーシャルVRゲームでは、そのほかのVRゲームにくらべてアバターを全身で動かしたいという需要が高いため、このような製品の存在はとても喜ばれるだろう。

ソニーが約8グラムの小型モーションキャプチャーシステムを発表_005
(画像は『VRChat』 Steamストアページより)

 『mocopi』は2023年1月下旬に発売予定。また、予約受付も行われる予定で、12月中旬を予定しているとのことだ。

 また、執筆時点では、インターネット直販サイト「ソニーストア」のみでの取り扱いが予定されているのでご注意いただきたい。

プレスリリースの全文は以下のとおり。


小型・軽量な装備で全身の動きを捉えるモバイルモーションキャプチャー『mocopi』発売

~メタバース向けサービス等との連携を可能にするソフトウェア開発キットも提供予定~

ソニーが約8グラムの小型モーションキャプチャーシステムを発表_006
モバイルモーションキャプチャー『mocopi』
ソニーが約8グラムの小型モーションキャプチャーシステムを発表_007
モーションデータの制作を屋内外で手軽に実現

ソニーは、独自技術を用いた小型で軽量なセンサーとスマートフォン(専用アプリケーション)のみで、モーションキャプチャーやVR(バーチャル・リアリティ)へのリアルタイムなモーション入力を実現するモバイルモーションキャプチャー『mocopi』(モコピ)を発売します。

商品名mocopi
型名QM-SS1
発売日2023年1月下旬
ソニーストア販売価格※149,500円(税込)

本商品はソニーのインターネット直販サイト「ソニーストア」で購入・予約可能です。予約販売の受付開始は12月中旬を予定しています。ソニーストア直営店舗(銀座、札幌、名古屋、大阪、福岡天神)での展示はありません。

また、取得したモーションデータを、メタバース向けサービスや3D開発ソフトウェア※3に連携できるソフトウェア開発キット(Software Development Kit, 以下SDK)を12月15日(木)から提供予定です。本SDKは、仮想空間での映像表現の自由度を高めるほか、フルボディ(全身)トラッキングなどのモーションデータの活動用途を拡大することで、メタバースやフィットネスを含む領域での新たなサービスの開発を可能にします。今後、『mocopi』と連携するサービスを開発するパートナー企業の拡大にも努めます。

<以下、サービス連携を期待する企業からのコメント>

VRChat Inc. CTO兼共同設立者 ジェシー・ジョードリー氏

VRChatは、PC用VRヘッドセットを用いたフルトラッキングの領域で業界を牽引してきました。今回、ソニーの『mocopi』の登場により、スタンドアローン型VRヘッドセット向けにも同機能を提供できることを嬉しく思います。市場には様々なVRヘッドセットが登場しています。『mocopi』と組み合わせて、あらゆるヘッドセットのユーザーにVRChatのフルトラッキング機能を存分に体験してもらいたいと考えています。

株式会社HIKKY CEO 舟越靖

ソニーのような国際的な企業が、スタートアップであるHIKKYやクリエイター達が奮闘する、勢いはあれど若い新市場に対して「攻めた」製品でアプローチしていただけることを大変嬉しく思っています。このようなデバイスは我々の手で開発・販売するにはハードルが高く、けれども市場の本質的な課題解決には必須のものです。日本が世界に誇るソニーの技術力やノウハウで提供される今回のデバイスは、多くのクリエイティブレボリューションの機会を創るものだと、確信しております。

※1 2022年11月29日時点。
※2 VRChat Inc.が提供するサービス。https://hello.vrchat.com/
※3 対応するソフトウェアやアプリケーションの詳細については、商品サイトをご覧ください。
※4 Virtual YouTuber(バーチャル・ユーチューバー)。オンライン上で、キャラクターの姿で活動する者のことを指します。

主な特長

1. 装着が容易な小型・軽量センサーで、データ取得やモーション入力が可能

ソニーが約8グラムの小型モーションキャプチャーシステムを発表_008
装着が容易な小型・軽量センサー

直径32mm×厚さ11.6mm、重さ8gの小型センサーを6か所(頭部、両手首、腰、両足首)に装着し、専用アプリケーションをインストールしたスマートフォンとBluetooth®接続することで、アバター動画とモーションデータの制作が可能です。
データ取得には、ソニー独自のアルゴリズムを使用することで、少ないセンサー個数で高い精度のモーション計測を実現します。
各センサーは、付属のマジックテープ式バンドやクリップで身体に容易に固定できることに加え、完全ワイヤレス型のため、電源やケーブルといった場所の制約を受けません。本商品とスマートフォンがあれば、屋外でも手軽にモーションデータを制作することができるほか、VRChatなどの対応サービス※3へモーション入力することができます。

2. アバター動画の制作やデータ書き出しなどをスマートフォンのみで実現

ソニーが約8グラムの小型モーションキャプチャーシステムを発表_009
スマートフォン上でアバター動画を制作

専用アプリケーションでは、装着したセンサーから取得するデータを用いてアバターを操作し、スマートフォン上でアバター動画を制作できます。アプリケーションで使用するアバターは、初期設定の素材以外に、外部データをインポートして設定することができます。制作したアバター動画は、アプリケーション上でmp4などの動画データやモーションデータとして書き出し、スマートフォン上に保存できます。 詳細は、以下のURLをご覧ください。

URL: https://youtu.be/g0d-x0l2HtA

3. メタバース向けサービスや3D開発ソフトウェアと連携するSDKを提供開始

ソニーが約8グラムの小型モーションキャプチャーシステムを発表_010
SDK提供により、フィットネス領域など
新たなサービス開発も可能に

『mocopi』で取得するモーションデータと、メタバース向けサービスや3D開発ソフトウェアを連携するためのSDKを12月15日(木)から提供予定です。本SDKを利用することで、センサーから取得するモーションデータをPCでリアルタイムに受信し、UnityやMotionBuilder®などの3D開発ソフトウェア※3上で即時確認しながら編集できる事に加え、ソーシャルプラットフォーム※3のアプリケーション経由で配信することが可能です。本SDKの提供によりモーションデータの用途を拡大し、メタバースやフィットネスなどの領域での新たなサービス開発に貢献します。

詳細およびダウンロードについては、以下のURLをご覧ください。
URL:https://sony.net/mocopi-dev/(12月15日よりサイト公開予定)

4. 環境配慮への取り組み

ソニーが約8グラムの小型モーションキャプチャーシステムを発表_011
プラスチック使用量ゼロ パッケージ(イメージ)

ソニーグループでは、2050年までに環境負荷ゼロを目指す環境計画「Road to Zero」を策定しており、この達成に向けて段階的に環境中期目標を設定しながら行動しています。環境中期目標では、2025年度までに新たに設計する小型製品のプラスチック包装材全廃を目指しています。本商品は個装パッケージのプラスチック使用量ゼロ※5を実現しています。ソニーは持続可能な社会の実現に向けた取り組みを継続して行っていきます。

※5 個装パッケージは、個装の商品箱、箱内のトレイ、包装材を指します。

メタバース上で行う世界最大※6のVRイベントHIKKY社主催「バーチャルマーケット2022 Winter」への出展

12月3日(土)~12月18日(日)にメタバース上で開催されるHIKKY社主催「バーチャルマーケット2022 Winter」に出展し、『mocopi』を紹介します。詳細については、下記の特設サイトをご参照ください。

バーチャルマーケット2022 Winter 特設サイト

また、『mocopi』は、HIKKYが独自開発するメタバース開発エンジン「Vket Cloud」に対応します。詳細については、下記の特設サイトをご参照ください。

Vket Cloud 特設サイト
※6 バーチャルマーケットは「バーチャルリアリティマーケットイベントにおけるブースの最多数」としてギネス世界記録™に認定されました。

「XR Kaigi2022」への出展

クリエイターおよび開発者向けカンファレンス「XR Kaigi 2022」に下記の日程で参加し、『mocopi』を紹介します。

  • XR Kaigi Online(XR Kaigi 公式サイト) :12月15日(木)オンラインプレゼン登壇
  • XR Kaigi Offline(東京都立産業貿易センター浜松町館):12月22日(木)~12月23日(金)

ブース出展詳細については、下記の特設サイトをご参照ください。
XR Kaigi 2022 特設サイト

主な仕様や詳細に関しては、こちらからご確認ください

『mocopi』商品サイト

『mocopi』プロダクトビデオ

『mocopi』SDKページ(12月15日よりサイト公開予定)

※「ソニー」および「Sony」、並びにこのプレスリリース上で使用される商品名、サービス名およびロゴマークは、ソニーグループ株式会社またはその関連会社の登録商標または商標です。その他の商品名、サービス名、会社名またはロゴマークは、各社の商標、登録商標もしくは商号です。


ライター
最近ゲーム業界にサメ映画ブームが来ている気が・・・え? 『スター・ウォーズ』のゲームが出すぎて手が回らない毎日。1日36時間欲しい。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon売上ランキング

集計期間:2023年2月4日16時~2023年2月4日17時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ