いま読まれている記事

海外人気アニメ『RWBY』で知られるスタジオ・Rooster Teethの閉鎖が決定。親会社・ワーナーの決定を社内向けメールで告知、海外報道を経てファンの間でも動揺の声が広まる

article-thumbnail-240307k

多国籍メディア企業のワーナー・ブラザース・ディスカバリーは3月7日(木)、3DCGアニメ『RWBY』シリーズで知られる子会社・Rooster Teethの閉鎖決定を従業員向けに発表した。VarietyDeadlineをはじめとする海外メディアが本トピックを報じている。

2003年に設立されたRooster Teethは、童話をモチーフにした少女たちと人類を脅かす脅威の戦いを描く代表作『RWBY』や、一人称視点シューティングゲーム『Halo』をもとにしたOAV作品『Red vs. Blue』など、CGアニメーションをはじめとした先駆的なデジタルコンテンツのスタジオである。

海外報道によると、事業終了に関する今回の発表はRooster Teethの全社会議にて発表されたのち、同社のゼネラルマネージャーであるJordan Levin氏の社内メールによって共有された。あわせて、同日には公式Discordサーバーおよび公式サイト上でも同様のアナウンスが公開されている。

Levin氏は文面のなかで「消費者行動の根本的な変化や、プラットフォーム、広告、愛用者間のマネタイズに起因するデジタルメディアが直面する課題」をスタジオ閉鎖の要因として挙げている。

なお、Rooster Teethは当面、独自の映像・ポッドキャスト配信サービスを主軸とした現行形式での運営を継続する方針を示しており、Levin氏は文面のなかで、今後数日から数週間のうちに従業員や一般ユーザー向けの情報を改めて告知する方針を示している。

ワーナー・ブラザース・ディスカバリーが海外人気アニメ『RWBY』で知られるRooster Teethの閉鎖が決定_001
(画像はRooster Teethより)

近年のエンターテインメント業界では新型コロナウイルスの影響を引きずる形でのレイオフやスタジオ閉鎖が相次いでいる。ゲーム業界ではマイクロソフトSIEエレクトロニック・アーツEpic GamesUnityをはじめとする大手企業が次々と従業員のレイオフ(一時解雇)を実施した。

一方、アニメ業界でもNetflixやディズニー、クランチロールなどの企業が同様にレイオフや傘下スタジオの閉鎖を発表している。

SIEが約900名の人員削減を発表。米州、欧州、日本およびその他のアジアパシフィックを含むすべての地域の社員が対象

ライター
2019年11月に電ファミへ加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年5月29日19時~2024年5月29日20時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ